お問い合わせ

ベンチャー広報ならやって損ナシTwitter【発信・交流・勉強に】

ベンチャー広報ならやって損ナシTwitter【発信・交流・勉強に】

こんにちは! リプロネクストのたかはしです。

今回は広報・メディア担当として、日々の業務での気づきや経験談・ノウハウを紹介するブログです。今日はリプロネクストに入社してからはじめたTwitterについて書こうと思います!

 

リプロネクストでは社長をはじめ5名のスタッフが企業アカウントとして個人Twitterをやっています。(早川さんもはじめないかな〜〜〜^^)
社長

Mさん

河合さん

佐久間さん

たかはし

 

最初は「個人名の企業アカウントを作る」ということに若干の抵抗があった私ですが、今じゃ「Twitter始めてよかったー!」と心から思っています。そこで今回は、私が広報としてTwitterをやっている理由や、始めてみて気づいたメリットを実体験と共にお伝えします!

 

これから私自身ももっとTwitterを活用し、どんどん輪を広げていきたい・発信していきたいと思っているので、「始めようか悩んでいる」「個人で企業アカを始めるのに抵抗が…」という方は一度このブログを読んでもらえたら嬉しいです。

 

 

Twitterをはじめたきっかけ

きっかけは「Twitterやってみてください!」という社長の一言。
入社前「うちの会社に入ったら、ブログやSNSで個人で発信していく機会が増えていくと思います」と言われてはいたものの、これまで”たかはし”を出して企業アカウントを運用したことはなく。「わかりました!」とは言いつつも、抵抗感が全くなかったといえば嘘になりますし、最初はほとんど呟いていませんでした(笑)←呟くことがコワカッタ。

 

ですが、私自身リプロネクスト入社のきっかけの一つに「スタッフの皆さんが顔を出し、自分の言葉で発信していて安心感がある」ということがあったのを思い出して、「やってみよう!」 と思い、動かしていくことに決めました。

Twitterを活用している理由

Twitterを始めることに決めたものの「何のため?」という目的がハッキリしていないと呟く内容も定まりません。そこで私は発信する上で決めていることが二つあります。と言っても、私の場合はこの目的に沿った内容だけでなく、新潟のオススメスポットや自分の好きなものについて、全然関係のないことも呟いていますが…(笑)

1.リプロネクストを知ってもらう

リプロネクスト集合写真
一番の理由はこれです! 広報・メディア担当として「リプロネクストのファン作り」という一つのミッションがあります。そこで、このTwitterからまずは会社のことを知って・興味を持ってもらい、ゆくゆくは会社のファンになってもらえるような発信ができたらと思っています。

 

会社としては、知名度もそうですが、主軸である実写VRコンテンツはまだ世間的に浸透していないような内容なので、少しずつ知ってもらえるタネを撒いていきたいです。

また、こんなスタッフが働いているんだよということを発信し、採用に繋げていきたいという思いもあります。私もそうだったように、社内のことをオープンに発信していくことで「こんな雰囲気なんだな」「働いてみたいな」と思ってもらえたら嬉しいです。

2.横の繋がりを増やす

この横の繋がりは、“新潟”“広報”がキーワードです。新潟というのは私たちリプロネクストの本拠地です。Twitterを始めて驚いたのが「新潟を盛り上げたいと行動している人がこんなにも沢山いる」ということでした!
私ももちろんその思いは同じですし、弊社も地域を挑戦する雰囲気にしたいというビジョンの実現を目指しているので、思いを同じくした方々と繋がり、一緒に面白い新潟を発信していきたいなと思っています。

そしてもう一つは“広報”の繋がりです。私は現在一人広報なので、何かを進めるにしても「これでいいのだろうか」「他社はどうなっているんだろう」と気になることがたくさんあり、そしてTwitter上にはたくさんの経験を積んできた広報の先輩方がいます。
SNSのすごいところは、そんな方々とどこにいても繋がりあえること! そこで広報の横の繋がりを増やし、情報収集・交換の場としてTwitterを活用しています。

Twitterを活用するメリット

ここからはTwitterを始めてよかったことを書いていきます! 最初はどうしよう…と思っていたけれど、どんどん楽しくなっていったのでその思いが伝わると嬉しいです。

自分の言葉で発信ができる

一番は自分の言葉で発信できるというところです。やはり共感を生むのは誰かから借りた言葉や代弁ではなく、自分で紡ぐ言葉だと思っています。ブログやnoteとなると構成を考えたりする必要があり1日にこまめに更新するというのは難しいですが、Twitterは140文字という制限が気軽さを生み、スキマ時間に発信しやすいプラットフォームだと思います。

自分で発信している分、何にも反応がないと気になることもあるかと思いますが、その分共感してくれる方がいたり、反応があると励みにも繋がります。広報は発信力も大切だと思うので、どんな発信が響くのかという勉強の意味でもやってみて損はないかなと思っています。

Twitter経由の交流が生まれる

これも本当にはじめてよかったなと思っているところです。Twitterで新潟の企業で活躍する方々と交流ができたり、広報の方々と情報交換したり…ここから繋がった出会いというのがこの数ヶ月で沢山ありました。
ということはこれからもっともっと広がっていく可能性しかない…!

 

オンラインで企画したイベントもTwitter経由で参加していただいたり、ご縁ってこんなところからも繋がるんだ〜と感激しました!(その後、リアルに飲みにいかせていただいた方もいます笑)

オンラインスナックふじ田の様子

広報や業界について勉強ができる

先ほどの話にも繋がりますが、Twitter上にはリアルではこんな人に中々出会えないよね! というほど、面白い人たちが沢山います。
私は広報なので、広報関連の方をフォローすることが多いですが、経営者の方なら経営、人事なら採用、マーケターの方はマーケティングの情報とそれぞれのプロが様々な角度から有益情報をツイートしています! キャッチーで心に響く言葉も沢山ありますし、Twitterでシェアされているnoteなどからは無料でいいの??というようなノウハウや知識も公開されていて、日々勉強になります。
私もいつか有益な情報を出していけるよう頑張ります。今はもらってばっかりですが><

無限の可能性を秘めているコミュニケーションツールがTwitter

最後にTwitterをする上で一つ大切にしていることは、楽しむということ。皆さん口を揃えていいますが、”楽しむ”は大事なことだと思っていて、無理矢理ならばやる意味はないかなと思っています。

私は最初「意識高いことしか呟いちゃいけないんじゃないか…」という不安をいただいていたのですが、全くそんなことはなかったです。意外と全然仕事と関係のないことが反応よかったりして、すごくホッとしています。思っていたよりもあったかくて優しい世界でした。笑

なので、その人のキャラクターが出ていればいいと思うし、企業アカウントであればモラルに反していなければ、ある程度自由にやれている方がいいなと思います。私自身はそういうアカウントに魅力を感じています。

こんな感じに気張らずにやっている人もいるので、どうしようかなと迷っていた方も是非一緒にTwitterで交流ができたら嬉しいです。

 

こんな私ですが、是非フォローし合いましょう!

それではまた、近々ブログで♪

たかはし
たかはし
広報・メディア
2020年4月入社。大学卒業後にUターンし、地方誌編集、企業広報を経て現在に至る。人の心を動かし、寄り添える広報を目指し奮闘中。お酒と新潟と音楽が好き。