お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

Google 用語解説
2019.06.22

Googleタイムマシン機能とは?【ストリートビューで過去に戻れる】

久しぶりに行った土地が変わっていて「昔何だったかなぁ」と思ったことはないでしょうか。その昔の風景が見れるとおもしろいですよね!

それが実現できたらタイムマシンなのですが、実はGoogleマップ・ストリートビューでは実現ができるんです。

今回は、いつものようなPR・集客の情報とは少し違う情報ですが、知っておくといつか約に立つかも!?のGoogleストリートビューのタイムマシン機能について紹介します。

Googleストリートビューのタイムマシン機能とは?

Googleストリートビューで撮影された過去の画像を見ることができる機能です。昔なつかしの建物や風景を見ることができるのでついついはまってしまうかもしれません。

タイムマシン機能を使う方法

どこの場所で紹介しようかなぁ?と思いましたが、Googleマップ・ストリートビューのことなので「Google合同会社」を検索してみることにしました。(場所は六本木ヒルズです)

1.Googleマップを開く

googlesv

過去を見たい場所を検索します。

2.360°ビューを選択

360view

写真の中のストリートビュー画像を選択します。
開いた画像が、一般の人が撮影して掲載したものだとタイムマシン機能が使えない可能性が高いため、360°ビューから画像を指定します。

3.タイムマシン機能を選択

タイムマシーンタイムマシンがある画像を指定するとストリートビューのロゴの下に時計マークがついていますので、そこを選択します。

4.西暦を過去に指定する

西暦を過去に指定すると過去のストリートビューに移動できます。
今回は、最も古い画像が2009年だったので指定しましたが、2009年には建物の数が少なかったことがわかります。

活用事例:震災後に過去を知る情報として

このタイムマシン機能は、普段から使うという方は少ないかもしれませんが、震災後に想い出として見るだけではなく、建物や町並みの情報として重宝されています。
建設会社や工事会社では、仕事としての活用もできるかもしれません。