お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

SNS 新潟
2019.03.04

新潟起業イベント「Startup Meeting」に参加してきました

3月16日(土)に開催された起業イベント「Startup Meeting(スタートアップミーティング)」にゲストとして参加してきました。

Startup Meetingとは?
にいがた産業創造機構(NICO)と新潟県信用保証協会が主催する、実際に起業した人の起業に対するホンネを聞いたりビジネスアイデアを考えるワークショップを行うイベントです。
日時:平成31316日(土)13:00~15:30
新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」多目的スペース (新潟市中央区笹口笹口1丁目1 プラーカ1 2F

想定以上の参加者

startupmeeting参加者多数初めて開催のイベントで当初の定員が20名だったにも関わらず、問い合わせが多く結果的には50名近くの参加がありました。
ちなみにイベントの最初に参加者にイベント参加の目的を聞いたアンケートでは、「具体的に起業を考えていてヒントを得にきている」という方が50%、残りは「起業に興味がある」「ゲストの知り合い」という方でした。当初はイベントを企画する上では「起業を考える上で一番参加しやすいイベントにしたい」と伺っていたので、ビジネスプランを具体的に持っている人がこれだけ参加してくれたのは驚きです。

当日のイベント内容

・ゲスト紹介:株式会社いろむすび 古林さん、Blue door 國松さんと私(藤田)の3名
・トークセッション:ゲスト3名の起業〜現在までについてなど
・Q&A:参加者からの質問
・ワークショップ:ビジネスアイデアの考え方を疑似体験
・新潟で起業する上での制度紹介:補助金・助成金など

このQ&Aでは時間上、一部の質問にしか答えることができなかったので、当日答えることができなかった質問をこのブログで答えていきたいと思います。
Q.事業アイデアのニーズが実際にあるか、どうやって確認するのが良いでしょうか?
A.想定している顧客に聞くのが一番早いと思います。可能であれば実際に試してもらい、使ってもらった印象や声などを聞けるとよりサービスの質が上がるはずです。

Q.異業種交流会に参加してきましたか?
A.一度どういう会があるか調べて行ったこともありますが、その中で何度も参加した会はありません。

Q.起業の準備期間はどれくらいでしたか?
A.半年くらいだと思います。

Q.想いやストーリーはどのように伝えていったか?
A.応援してくれる人に直接想いを話したり、ブログやSNSで想いを書いたりしています。

Q.起業することは誰にでもチャンスはあると思いますか?
A.あると思います。

Q.ビジネスアイデアの落とし込みは誰に相談したか?
A.金融機関、NICO、IPC、あとは想定するお客様に話を伺いました。


参加者の多くの人がビジネスアイデアも持っていて、ワークショップでビジネスプランについてアツく語っている方もいたので、是非一歩踏み出して挑戦していってほしいと思います。
私もすごく刺激をいただけたので、「やりたいことを好きな場所で挑戦できる社会」を目指して、皆さんと一緒に挑戦し続けていきます。