お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

経営
2017.10.27

「地方の情報格差」新潟で起業することについてよくある質問

何度かこのブログを読んでいただいている方はご存知だと思いますが、先週「潟チャレ|新潟起業チャレンジ」というイベントの東京説明会にゲストとして参加させていただきました。
潟チャレは完結に言うと現在、新潟県外に住んでいるか新潟県外の出身で新潟の大学や専門学校に通っている方が新潟で起業した場合に補助金を受け取ることができるという企画です。

新潟起業チャレンジホームページ
http://niigata-challenge.com/

 

過去の潟チャレ関連の記事

潟チャレ(新潟起業チャレンジ)東京説明会に参加

新潟日報に潟チャレを取り上げていただきました

潟チャレ首都圏セミナー・交流会に参加します

起業に興味ある方からよくされる質問

「地方にいると情報が遅くないですか?」

「新潟で情報をどうやって受け取るのですか?」


これについては当社として情報収集ができているかは別としてになりますが、東京や地方関係なく情報は自分から取りに行くことが大切だと考えています。普段の新潟で生活をしている中で、仮想通貨の話をする人はまずいないですし、VRの販売をしている中でもVRについて詳しく知っている方は出会うことはありません。
でも、地域を言い訳にせずにGoogle検索する、SNSやニュースサイトで情報収集する、色々な人と話すなどして何とか「こんなことはニーズがあるのかな?」と感じながらやっています。

 

新潟だからこその情報もある

「新潟=田舎=情報弱者」というマイナスなイメージをお持ちの方もいると思いますが、地方ならではの発想を持つと、新潟にいないと知ることができない情報もあると思います。新潟にいると東京では中々会うことができなかった、日本酒、お米など作っている人と会う機会もありますし、モノづくりをしている人にすぐに会いにいけるのも新潟ならではじゃないかなと思います。

 

結論を言うと取得しにくい情報は自分から取りに行き、地元の情報も積極的に活かせるように目指したいと思っています。

 

リプロネクスト公式|LINE@

お気軽にご登録ください。メッセージをもらえると返信もあるかも!?

友だち追加