お問い合わせ

SNS広告のメリットを徹底解説!【今後はSNS広告が主流に!?】

SNS広告のメリットを徹底解説!【今後はSNS広告が主流に!?】

若い世代を中心に普及しているSNS。今やLINEやTwitterやFacebookを利用したことがない方の方が少ないのではないでしょうか。

 

そんなSNSは企業からも注目され、ユーザーと接触する広告宣伝の場として利用されています。

この記事ではSNSの広告とはどのようなものか解説し、SNS広告のメリットを4つ紹介します。これからSNS広告を利用しようと考えている方や、SNS広告のメリットについて知りたい方必見の内容です。

 

SNS広告とは?

SNS広告とはSNSのバナーやタイムライン上に表示させる広告のことです。表示させた広告をユーザーがクリックすることで自社のWEBページやランディングページに移動し、そのページから物販を行ったり、メールマガジンへの登録を促すことができます。

 

WEB広告にはSEOやリスティング広告など様々な手段がありますが、SNS広告はリスティング広告と同じ運用型広告に分類されます。運用型広告は広告の表示回数やクリック数に応じた金額を支払うことで、あなたがリーチしたいユーザーにすぐに広告を表示することが可能です。SEOで特定のキーワードでWEBサイトを上位表示させるには時間や労力が必要となりますが、運用型広告にはその手間がかかりません。

 

また、運用型広告にはリスティング広告とSNS広告がありますが、表示させる媒体に大きな違いがあります。SNS広告はFacebookやTwitterなどの媒体に広告を表示させますが、リスティング広告はGoogleやYahoo!といった検索エンジンに広告を表示させます。広告を表示させたい媒体に応じてターゲティングの方法も異なるので、この点は注意が必要となるでしょう。

 

SNS広告のメリット4つ紹介

SNS広告とはどのようなものか解説しましたが、他の広告と比較してどのようなメリットがあるのか知りたい方は多いのではないでしょうか。ここではSNS広告のメリットを4つ紹介します。 

 

1.正確なターゲティングが可能

SNSに登録する際には個人情報を入力します。そのため、SNSの媒体は生年月日や出身地、現在住んでいる場所などのデモグラフィック情報を保有しており、この情報に基づいたターゲティングが可能です。これは店舗を構える広告主が特定の地域に対して広告を表示させたい場合などに役立ちます。

 

また、ターゲティングについて、デモグラフィック情報だけにとどまらないのがSNS広告の強みの1つ。例としてFacebookについて考えると、どのような投稿に対していいね!やシェアをしたのかによって、その人の趣味や趣向が分かります。このデータを元に広告主は個人の趣味や趣向に応じたターゲティングをすることができ、自社の商品に関心のあるユーザーだけにリーチすることも可能となります。

ユーザーに関する情報を多く保有しているSNSは正確なターゲティングができるという点が1つ目のメリットです。

 

2.特に若い世代へのリーチに強い

SNS広告の2つ目のメリットは若い世代へのリーチに強い点です。例としてTwitterについて考えてみると、10代と20代から大きく指示されており、20代については約65%の方がTwitterを利用しています。(参考:2020年3月更新!12のソーシャルメディア最新動向データまとめ )

 

その他のSNSについても同様の傾向が見られ、SNS広告は若い世代のリーチに有効であると言えます。

 

3.拡散してもらえる可能性がある

SNSの魅力はあなたがいいねを押したり、投稿をシェアすれば友達のタイムラインにもその投稿が表示される点です。そのため、SNS広告を投稿し、その広告がユーザーに気に入られれば、ターゲットの友人にまで広告を表示させることができるのです。

Twitter広告ではターゲットに対して広告を表示させ、そこからリツイートされた広告ツイートがクリックされた場合は料金が発生しない仕組みとなっています。ターゲットの友人は同年代で似たような趣味趣向を持っている可能性が高く、拡散機能はとても便利な機能と言えるでしょう。

 

4.クリック単価が低いため、費用対効果を合わせやすい

SNS広告は同じ運用型広告のリスティング広告と比較するとクリック単価を低く抑えられる可能性が高いです。例えば英会話教室の広告を出す場合を考えてみましょう。リスティング広告であれば、英会話教室というキーワードは1クリックあたり800円ほどの費用が必要となります。対してSNS広告であれば1クリック50円以下の費用でユーザーにリーチすることができます。

 

リーチできる人数が増えればその分費用対効果を合わせやすくなる可能性が高くなるため、SNS広告は魅力的な選択肢となります。クリック単価が低い点はSNS広告の大きなメリットです。

まとめ:SNS広告には従来の広告にはない魅力がたくさん

この記事ではSNS広告とはどのよなものか解説し、SNS広告のメリットを紹介しました。

SNS広告はFacebookやTwitterなどのバナーやタイムライン上に表示される広告のことで、SNSを利用している多くのユーザーにリーチすることが可能です。

 

SNS広告のメリットとしては細かいターゲティングができる点や広告をユーザーへ拡散してくれる可能性がある点、費用対効果を合わせやすい点が挙げられます。

 

SNS広告について気になる方はメリットを認識した上でSNS広告を利用してみましょう。