お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

VR・360度
2019.06.24

VRをビジネスで活用するならスマホVRがおすすめ【アプリなし・360度切り替えが便利】

VR(バーチャルリアリティ)という言葉は、メディアやイベントなどで目にする機会が増えていますが、ビジネスで活用するイメージがあまりないという方も多いかもしれません。
今回は、スマートフォンVRがおすすめの理由とビジネス活用の事例を紹介したいと思います。

 

スマートフォンVRとは?

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)、パソコン、ゲームなどの専用の機材が必要なVRとは違い、スマートフォン1台と簡易的なVRゴーグルがあれば視聴ができるVRを指します。

スマートフォンVRを導入するための3つのポイント

1.アプリが必要ないサービスを選ぶ

企業やお店のクーポンを利用しようとしたら「専用アプリをインストールしてください」と言われて利用するのをやめたことはないでしょうか。

スマートフォンに専用のアプリをインストールすることは、心理的に大きなハードルがあります。

会社のPR・集客で活用する場合には、アプリが必要ない・YouTubeなど誰もが使っているサービスを活用して提供できることがおすすめです。

2.VRと360度コンテンツが切り替えられるサービスを選ぶ

VRと聞くと「VRゴーグルないとダメでしょ?」と思うかもしれませんが、VRゴーグルがなくてもボタン1つで360度コンテンツとして視聴できるソフト・サービスもあります。

VRコンテンツと360度コンテンツを切り替えることで、VRゴーグルがあればその場に行ったかのような体験型に変わることができ、360度コンテンツはホームページなどに埋め込みができるため、WEB集客としても大きな効果を発揮します。

3.VRコンテンツ+VRゴーグルをセットで制作できる会社を選ぶ

キャンペーンや展示会などでVRゴーグルをノベルティとして配布する場合には、VRコンテンツとVRゴーグルをセットで制作ができる会社をおすすめしています。

VRコンテンツとVRゴーグルがセットだと料金を抑えられるということもありますが、別々の会社で制作をすすめるとイメージが全く違うものになってしまう可能性があるからです。

ビジネス×VRの3つのメリット

ビジネスでVRを活用するメリットは、時間・距離・費用など物理的な理由で、できないことを飛び越えて活用することができることです。

上手く活用することで、PR・集客力アップ、業務効率化、コスト削減などにつながります。

悩み1.インターネット集客ができない

ビジネスでホームページを持つことは当たり前になり、ひと目見ただけで会社・商品の魅力を伝えることが難しくなりました。

そのため、コンテンツの1つとしてVR/360度コンテンツを入れることで会社・商品の魅力を伝えることができます。

大学のオープンキャンパス

悩み2.企業・商品の魅力が伝わらない

言葉や画像だけでは、商品や雰囲気が伝わらないという場合にVRを活用することで情報をリアルに伝えることができます。

採用募集でのVR活用

悩み3.人手不足×働き方改革で仕事が終わらない

人手不足にも関わらず、働き方改革と言われて現場の仕事が終わらないと悩んでいる事業主の方も多いと思います。

VRを活用することで、今までは移動しないといけなかった時間を短縮することが可能になります。

住宅VR

その他:360度CMがウェブCMのスタンダードに!?

現時点で、スマホVRのデメリットはスマートフォンの容量が大きいことですが、2020年からはじまる5G(第5世代移動通信システム)が普及することでネット速度を気にすることがない社会になっていきます。そうすると通常の動画よりも容量の大きい360度動画をサクサク見れてリアルタイムに高画質で体験することができます。

企業としては、これまでのテレビCMのように一方的なプロモーション活動から、VR・360度のCMで自宅にいる消費者に対して商品を体験できるプロモーションへが可能になります。