お問い合わせ

“デザインする仕事”とは?【スマートな提案を形に!】

"デザインする仕事"とは?【スマートな提案を形に!】

こんにちは!
グラフィックデザイン制作・映像編集を中心に制作を担当しているいしだ です。

▶︎ツイッターはここ!

 

いしだ

実は、今日!!突然のblogをジャックしました!笑

 

グラフィックデザイナーってどういうこと考えて作ってるの?知りたい!という声があったので、書いてみようかと思い、リプロネクストblogをたかはしさんからジャックしてギュッと凝縮した内容でお届けしたいと思います!

 

-今日のテーマ-

1、「デザインする仕事」とは?
2、カレー鍋にもキャパがあるようにデザインにもキャパがある?
3、シンプルでスマートな提案

 

この3つのテーマでお話していきたいと思います!
これからグラフィックデザインに挑戦してみたい人、グラフィックデザイナーとして活躍されている人にも一緒に共感してもらえたら嬉しいです!

 

それでは早速本題にっ!!

 

「デザインする仕事」とは?

デザイナーのお仕事

正直私は、「グラフィックデザイナーってかっこいいし憧れる〜!」という興味本位10%位持って飛び込みました笑。華やか・キラキラしたという印象しかなかった!
が、正反対・・・地味な作業(繰り返し作業)もあるし、細かい作業が多いし、時間との戦いだし・・・まじで継続力と根性が必要だなと思っています。

 

 

ただ、夢を持ってデザイナーになること、悪くはないですよっ!いろんな仕事をした結果1番楽しいですもん!!

 

デザイナーとは、アイデアを提案するだけではなく、これからの目標達成を整理しながら具現化し、必要最低限を集め、形にすることが“デザイナーとしての宿命”だと思っています。

いしだ

たぶん!笑

 

お客様から案件の相談がある時って・・・デザインのプロではないからこそ「どうしたらいいかわからない」という相談から始まることがもちろん多いですよね。

 

そこで、提案力や発想力が求められるのがクリエイターとしての宿命。
相談された内容から1つずつキーワードを抜き取って伝えたいこと・悩んでいる・解決したい課題を汲み取り、一緒にゴールを見つめます。

 

・何をどうしたいのか
・何を伝えたいのか
・何をプラスにしていきたいのか

 

など、形にしていくものに「理由」をつくり、「説得力」あるデザイン(内容)を作り上げ、目的を達成することが私たちデザイナーのお仕事だと思っています。長年やって思うことは「案外、感覚が大事!」ということも多々。文字にできない感覚や想像こそが、+αの提案に繋がると思います。

 

私は、長年BtoCでのお仕事が多かったので、多種多様の相談内容がありました。
1人1人から話を伺い、想いを形にするために話や文字から汲み取って、0から1にするまでを続けた結果、自然と汲み取る力が身につきBtoBというビジネスの形でも同じく発想力が生きていると思います。

 

いしだ

案外汲み取る力が結構左右するかもなぁ?!

いろんなパターンを組み合わせてみる

お客様から「相談があるんだけど・・・」ってお声がかかった時。今よりも成果を上げたいけど何をしたらいいかわからない。きっとそんな状況もあるでしょう。そんな時は、自分が相手の立場になって一度考えてみます。

 

AとBは組み合わせる必要があるか、AとBよりもCの方が成果を見込めるなど、言われた事全てを「OK!期日内に作業し連絡します!」という答えよりも

 

・AというアイデアにBというアイデアと組み合わせたらどうでしょうか?
・Bというよりは、Cという新しいことを組み合わせて形にしてみませんか?
・どうしても譲れない事(取り入れたい要望)はありますか?
・普段どういうもの(テイスト)を好みますか?

 

など、いろんな事をヒヤリングしたり、パターンを提案できると、「想像もしていなかったことが形にできそう!」というワクワク・期待へ変わります!
そして、私の仕事のキーワードは「言われた事以上の成果を出す」というサプライズを仕掛ける事です。

 

提案力に関しては、経験と失敗を繰り返し、自分の中でA・B・C・・・・とたくさんのアイデアを持つことが自分への強みとなります。

いしだ

日々、知識と流行りの習得の勉強だよねー

カレー鍋にもキャパがあるようにデザインにもキャパがある?!

いろんなパターンを組み合わせる力がつくと=未来(ゴール)が見えてきます。この、ゴールが見えてきたことで、不要なモノ・コトを減らすことができます。
そう、多分デザインにも断捨離のような「必要以上に取り入れない」ということは大事かなと思いました。

 

カレー鍋に例えると

 

わかりやすく例えるなら「料理」。
カレー食べたいなと思って「あれもこれも入れてみたら美味しそうかも!」と、必要以上に食材を買って入れたところで「鍋にはキャパってありますよね!」デザインも同じく、範囲の中にレイアウトするキャパは存在します。

 

カレー溢れ出たら入れることはできないし、本当は入れたかったものが鍋の中に入らなかったらカレーを作った意味なんだよ・・・ってなっちゃう。

 

たまに食べたくなるごく普通のカレーを想像してみてください。
シンプルに「肉・にんじん・たまねぎ・じゃがいも」といった必要最低限でも美味しい!というものがあるように、デザインにも「伝えたいこと・見せたいもの」だけを入れることでシンプルに伝えることができます。

 

いしだ

ま、カレーの例えが正解かどうかはわかりませんけどね!だって野菜溶けるもん笑!(責任放棄!?)

 

感覚や考え方が、それぞれの個性につながり「この人にこれをお願いするとどうなるか」という信頼にも繋がっていきます。

デザイナーさんは考えた結果「これは不要かな?これは必須かな?」と相手を想い、経験を通して話していることも多々。めちゃくちゃ考えた結果ということです。

シンプルでスマートな提案を

まずは失敗談。デザイナー1年目のいしだの場合。

 

宇宙があって〜色はこれとこれとあれもいれて〜
と、ガッチャガチャ。誰に伝えるために宇宙にしたんだよ!?というツッコミどころ満載の自作。

 

当時の私は、考えに考え、形にしていたつもりでした。
でも、こういう経験あっても全然いいと思います。「人から意見をもらって考え直す機会」があるのはとても素敵だから。

 

 

最初からデザインばっちりできる人なんてごく稀な天才だし(笑)知識や経験がないままじゃ何もできません。そう、経験を積むことがデザイナーとして成長する原動力になります。最初からデザインができるようじゃみんな困りません笑。

壁を乗り越えてこそ、新しい自分と出会えます。きっと!

 

 

そして、壁を乗り越えたことでわかったことは「シンプルでスマートな提案」が一番最適化しているということ。

 

 

いしだ

シンプルなデザインこそかなり難しく、奥が深い!!!

 

 

ポスターに書いてある文字がシンプルに伝えたい事が書いてあるものこそ、カッコいいですよね!削ぎ落としてシンプルに伝えたい事だけを入れる勇気・・・すごいなと思います。
そう、削ることも勇気!前に来てくれていたインターン生にも伝えました。

 

文章だって、削る勇気も大事だよ!と。

 

▼関連記事
■ベンチャー企業でのインターン体験第2弾!!【2ヶ月半経ってここが変わった!】

 

シンプルで伝わるということはこんなアイキャッチデザインとか・・・↓

 

社長に聞く! ビジョン「BREAK THE WALL」に込められた想い

これは、広報のたかはしさんからのオーダーですが、リプロネクストのロゴの「青」をフチに、ミッションとなる「BREAK THE WALL」を掲げ、ブログに書いてある内容をサブタイトルとして配置しました。
この限られた空間で毎回悩むところですが、窮屈にならないように・フォントが強調しすぎないようにトレンドに合わせた書体選びや、飾りをつけすぎないという「シンプルに伝える」という結果のデザインです。

 

▶︎blogはコチラ
社長に聞く! ビジョン「BREAK THE WALL」に込められた想い

 

続いてはコチラ!▼

百貨店の動画プロモーション事例&導入メリット【集客&売上アップに】

百貨店といえば、落ち着いた雰囲気を想像しました。ただ、落ち着いた雰囲気だけでは殺風景なので「百貨店」という書体をバラして色をつけてみました。
色の使い方も少しこだわりがあって、ビビットな色ではなく「黒ではなくグレー」を選ぶ事で柔らかさなどが再現できます。英語は+αの飾り。文字を飾りとして見立てる事で空間を窮屈にせずにシンプルにデザイン配置ができます。

 

ただ、私の反省点「掲載されるこのWebサイトが背景が白だから同化してしまっている」ということ。これは実際にプレビューして背景を薄くグレーにするなど工夫が必要でしたねっ。

 

blogはコチラ▼
百貨店の動画プロモーション事例&導入メリット【集客&売上アップに】

 

 

物は試しだ。作ったものに対しても反省と自分に評価をしてみること、大切かも?!

 

場にあった提案をすることは経験を積むこと!

デザインって奥が深いので1回のblogじゃ伝えきれませんね!

 

デザイナーをお仕事としている限り、アウトプットも大事ですが、いろんな人の話を聞いたり見たり、作品を自分なりに砕いて吸収することで「オリジナリティー」がある提案ができると思っています。
人それぞれ提案内容は違います。もちろん個性ですから!個性をうまく生かして、人のためになるお手伝いができる職業に誇り持って、幸せな仕事をしましょうね!

 

 

いしだ

また、突然blogをジャックしちゃおうかな?!

 

継続は力なり!!!

 

それでは、デザイン・エディター担当のいしだでした★

Mai Ishida
Mai Ishida
デザイナー
2019年入社。DTPデザイン、ブライダル業界を経てベンチャー企業へ転職。VRコンテンツ・ゴーグル制作、自社ブログアイキャッチデザイン担当や、動画プロモーションなどディレクション・制作も行なっている。趣味は写真を撮ること・音楽を聞くこと。