お問い合わせ

オンライン飲み会やってみた【飲み会の可能性が広がる!】

こんにちは。メディア担当河合です。
終息の見えない新型コロナウイルスの影響で、マスク不足となっていますね。我が家のマスクもついに切れてしまい…。重度の花粉症を患う私は、マスクの無い春を迎えることに対する恐怖に苛まれています。
なお、もう既に、河合の目や鼻は嵐が吹き荒れている模様。

 

花粉、こわい。

 

さて、暗い話題から始まったこのブログですが、全体的に明るい内容なので安心してください(笑)

 

今回は、タイトルの通り「オンライン飲み会」をやってみたのでその様子をみなさんにお伝えしたいと思います!
今回のメンバーは、リプロネクスト代表藤田と同時期に起業を志した、起業家仲間の方々。めちゃくちゃ濃いメンバーで、私も最終のバスに乗り遅れそうになるくらいまで飲み、語り尽くしました。

 

結論をお話するのであれば、

 

「めちゃくちゃ良かったです!」

 

ぜひまたやりたいですし、「オンラインでつながる場」に関する今後の可能性も見えてきました。

 

 

ぜひみなさんもやってみてください!!
それでは、どーぞ!

 

オンライン飲み会の可能性(河合の妄想も含む)

さて、「オンライン飲み会をやろう!」ということになったのですが、オンライン飲み会にはいろいろな可能性があるな~と前々から思っていましたので、私の妄想も含めてちょっぴりアイデアを共有します!

1.リモートお花見

まずはこちら。いま、新型コロナウイルスの影響で、花見宴会の自粛の動きが出ていますよね。東京都でも2020年3月4日に新型コロナウイルス感染拡大防止のため、都立公園や都が管理する河川敷でのお花見宴会自粛の要請を出しています。
せっかくの、お花見の季節…。花を見ながら酒、飲みたいですよね。

 

ということで、リモートお花見というのはどうでしょうか!
お花見宴会は自粛ですが、公園が閉鎖されているわけではありません。スマホを片手に公園内を映しながら歩く人が一人いれば、他の人は自宅で花を見ながらお酒が飲めちゃいます!

2.ながら子育て飲み会

小さな子どもがいる家庭ではなかなか飲みに出かけることは難しいですよね。でも、家で飲み会ができれば大丈夫!

 

子育てをしながら飲めるのです!子どもも一緒に画面に映ったりすることで会話も広がりそう…。
子育てトークも家にある実際のグッズなどを見せながら話ができるのでより具体的な情報の共有もできちゃうかも?

3.自慢のペット飲み会

あとは、こちら。ペットを連れて居酒屋に行くなんてことできないですよね。オンライン飲み会であれば、ペットと一緒に飲み会に参加できちゃうかも!と思ったわけです。自慢のペットを画面上で映し合い、ペットトークをしながら飲み会ができる…。動物好きにはたまらんですなあ。

 

また、全国にはあまりメジャーではない動物をこよなく愛する方々がいます。近くにその動物を飼っていなくても、オンラインなら距離の制約がないので、全国どこからでも特定の動物をテーマにつながる飲み会に参加できます!

ちなみに、最近の私のお気に入りは黒柴です。

か、かわいい…。
いつも動物をYouTubeで検索しては、動画を見まくっています。

 

黒柴好きな人、オンライン飲み会しましょう。

4.オンラインスナック

こちらは既にサービスを開始している人もいる、「オンラインスナック」。
お金をかけずに、気軽にお酒を飲みながら話をしたいという方にもおすすめです。なにより、なかなか外出できない人でも、その日偶然集まった人たちとコミュニケーションをとることができる、素敵なサービスかなと思います。

 

まだまだ、妄想は広がりますが、キリがないので今回はこんな感じのところで留めておこうかなと思います。
どうでしょう。オンライン飲み会の可能性を考えると、とてもわくわくしてきませんか?

使用したweb会議サービス「Whereby」

さて、今回のオンライン飲み会、数あるweb会議サービスの中で何を使用したかというとWhereby(ウェアバイ)というサービス。
こちらは、PCもしくはスマホとネット環境さえあれば、事前のアカウント設定やアプリのインストールの必要が無いweb会議ツールです。もちろんfreeプランでも問題なく使用可能(参加可能人数4人まで)。

 

私はいつも「ZOOM」というツールを使っていたのでなんだか新鮮な感じ。今回の記事では、「Whereby」をオンライン飲み会で使ってみた感想も踏まえてお伝えしますね!

オンライン飲み会準備中…

では、オンライン飲み会当日の様子についてお伝えしていきましょう!
オンライン飲み会に向け準備していきます!!

 

まずは、今日の参加者の方々にURLを送付しルームに入ってもらえるのを待ちます。

 

そしてPCとモニターをセッティング!
画面が大きいほうがいいかなと思い、モニターを使いました。
まあ、モニター画面を見て話してしまうとカメラと目線が合わずなんだか変な感じになってしまったので途中でモニターを外したんですけどね(笑)

 

 

おっと、買い出し班が帰ってきました。


aikoの『カブトムシ』を熱唱しながら、注文していた唐揚げを受け取りにいってくれました。いいなあ、一緒に歌いたかった…(笑)

 

ちなみに、自分もこの日のためにつまみを用意していました!

スーパーで黒毛和牛が200gで250円という激安価格で売っていたので、しぐれ煮をつくってスタンバイ。日本酒に合うよう甘さを控えた味付けにしました。

オンライン飲み会スタート!

時間となりオンライン飲み会がスタートしました。
あれ… 時間になったけどなかなか集まらない…。
ちょこっと不安に。

 

5分くらい遅れて続々と参加者の方々が集まってきました~!
このゆるさもオンライン飲み会の魅力
互いに家などにいるため、気を遣わない環境だからこそですね。

 


リプロネクストではこんな様子。
代表の藤田と石田さん、ペアルックですね。

 


途中、飲んでいるお酒の紹介等も交えました~!
こうゆうの楽しいですね!

 

ちなみに、藤田が持ってきた日本酒はこちら。
(またまた、河合ブログ恒例の日本酒紹介のコーナーです。)

 

第一酒造の、山間(やんま)ORI-ORI-ROCK
活性にごり純米吟醸というかなり珍しいタイプの日本酒。開栓時は、栓の飛び出しや吹き出しに注意が必要です。そして開栓後に炭酸ガスで濁った色に。とても面白い、おいしい日本酒でした。

 


そして、河合が持ってきた日本酒はこちら。
佐渡、尾畑家酒造の真野鶴。古町芸妓パッケージです。春らしい桜と朱鷺をあしらった着物風のデザイン。なかなかイケてますね~。
新潟商工会議所が企画して制作した「新潟美酒with古町芸妓」というシリーズで、新潟の四季を思わせるデザインとなっています。

 

 

冒頭でも触れましたが、今回はWherebyというサービスを使って、オンライン飲み会を開催しました。
私は、これまでweb会議サービスでは「ZOOM」を使ってきましたが、使用感が全然違いました。「ZOOM」では、あまり複数人が同時に話すということに対して優れているわけではありません。話している人たちの声が途切れるなどが起きてしまいます。

しかし、Wherebyではルームに入っているすべての人の声がスムーズに聞こえてきました。あまりオンラインということでのコミュニケーションの取りにくさは感じなかったところに驚きました。

 

■関連記事:テレビ電話サービスおすすめ5選

■関連記事:web面接やweb説明会のメリットや注意点と方法

 

さて、今回どんな話をしていたかというと、「創業して数年経過した今の状況について」「売上・利益についての踏み込んだ話」「今後の方向性について」「採用について」「次世代をどう育てていくかについて」…などなど、書ききれないほどたくさんのお話をしていました。

 

藤田さんと同時期に起業を志した、仲間の方々とお話できて私も気づきや学びを得ることができました。ありがとうございました!

 

いや~、良い時間だった!!

オンライン飲み会をやってみて感じた良さ

今回オンライン飲み会をやってみて感じた良さについて、ざっくりと整理してまとめたいとおもいます!

1.距離が離れていても繋がることができる

まずは、もちろんこちらですね。今回参加いただいた方々も新潟県内各地に住んでいらっしゃるので、オンラインでなければなかなか集まるのは難しいと思います。それぞれの事業もあるのでそれはなおのこと。お休みも合いません。
距離を気にせずに飲めるので、今回のように平日でも開催できますね!

2.「ながら」参加ができる

これも大きなポイント。居酒屋に行っての飲み会だと、その間の時間他のことができません。少し抜けて何かをしなければならなかったり、子育てが忙しかったりするときは、何かをしながらの参加が可能です。
今回も、ご家族でご飯を食べながら参加してくださったり、子どもの面倒を見ながら参加してくださったりと、みなさま自由に無理のないスタイルで参加してくださりました。

3.好きなタイミングで抜けたり入ったりできる

もちろん、好きなタイミングで抜けたり入ったりすることができます。今回も「子どもをお風呂にいれてくるから30分抜けるね~」というシーンがありました。
他の人に合わせる必要が無く、自由に抜けたり入ったりできるのもオンライン飲み会の魅力かなと思いました。

4.互いが生活している空間・時間を共有できる

今回やってみて強く感じた印象は、それぞれが飲んでいる空間と空間が繋がったという印象です。離れている部屋と部屋が繋がったみたいな、そんな感覚です。
それぞれの背景にあるものや、それぞれの生活を感じることができ、それらを尊重し合いながら飲める、あたたかな繋がりを感じました!

まとめ:オンライン飲み会、めっちゃ良い!!

結論としては、
「オンライン飲み会、めっちゃ良い!!」ということです。

 

これをやる前は、オンラインで繋がれるとはいえ、web会議サービスを利用しているので食べ物や飲み物を共有できないし、会話もラグ等が発生して変な感じになったりするんじゃないかなと思っていたのですが…。

 

全くそんなことはなかったですね。

 

むしろ、今回やったことで良さがたくさん見えてきました。
オンライン飲み会アリですね。
せっかく距離を越えて開催できる飲み会なので、次は何か面白いテーマを立てて全国、海外の人と繋いでみたいなと感じました!

 

それでは、今日のブログはこんな感じで。
また、来週をお楽しみに!!