お問い合わせ

新たにIT会社を選ぶ時に大切なこと【信用ができるかどうか】

最近は、ビジネスでITを活用することが必須の時代になりました。
ただ、ITと一言で言ってもインターネット広告/ホームページ周り/システム系などニーズによって幅広く活用する必要があり、外注先に依頼することも多いと思います。

 

しかし、よく「どうやって会社選びをしたら良いの?」「値段の相場がわからない」など、ITを導入するには心理的なハードルが高いかもしれません。

 

今回は、IT会社を探す時に失敗しない方法を紹介したいと思います。1つ1つは、当たり前のことですが、後で後悔したくないと思うので是非、確認してみてくださいね。

 

なぜIT会社は選ぶのが難しいのか?

そもそも、ITサービスの導入するのに会社を探すのが難しい理由はなんでしょうか?

その理由は、大きく2つあると思います。

ITについてイメージができていない

大きな理由の1つに、依頼するにもそもそもの知識がないからどうしたら良いのからわからないとよく耳にします。

この仕事が、難しいのかどうか?そもそも必要なのか?この当りに関しては、Googleで検索をしてみると、基本的な情報を誰かが掲載している場合が多いので全てを知る必要はありませんが、相場や導入事例などは調べてみることがおすすめです。

商品が目に見えない

ITサービスの導入にこれも大きなハードルになっています。

紙媒体やモノがある商品と違って、ホームページを制作するには制作してみるまでわからないですし、インターネット広告を配信するにも実際に配信できているかは、配信できてからでないとわかりません。

 

そのため、新たな会社に依頼する際には「この会社を信じて良いのか?」と不安になることも多々あると思います。

IT会社を選ぶ時に大切な3つのポイント

では、実際にITサービスを導入するに当り、会社選びのコツを3つ紹介します。

1.ホームページの情報を見る

新たに、会社に依頼する場合に、ほとんどの人はGoogleで検索をすると思いますが、ここで注意してほしいのはホームページの情報についてです。

見るべきポイントは、3つです。

①実績があるか

そもそも、導入したいサービスについて、実績があるかどうかが重要です。

打ち合わせをする際にも同じような悩みの企業との取引実績があれば話もスムーズに行くと思います。

②口コミを調べる

ある程度の規模の会社で実績もあるとなると安心したくなりますが、口コミを調べることも大切です。

調べ方は「会社名+評判」「会社名+口コミ」とかで大丈夫です。

 

一定規模でないと口コミはあまりないかもしれませんが、上場企業でもとんでもなく悪い口コミがかかれている場合もあるので注意が必要です。

③情報発信をしているか

実績や口コミは意識しなくても見ている方も多いと思いますが、会社ホームページを見る上でチェックしてほしいのは「情報発信をしているか」です。

 

これは、会社の休みなどの情報はもちろんですが、どちらかと言うとお客様の紹介や会社のブログを見ることがおすすめです。

会社の情報発信をすることは、人手がかかるのでつい後回しになってしまいますが、しっかりと対応している会社は社内の体制が整っている可能性が高いですし、ブログを見ることで会社でどんな人がどんな想いで働いているのかがわかるのでイメージがしやすいと思います。

2.問い合わせをする

ホームページの情報を一通りチェックして問題がなければ、実際に問い合わせをします。電話でもメールでも好きな方で良いですが、3~ 5社には連絡が取るのがおすすめです。(2社では比べるのが難しいですし、あまりに会社数を増やしても時間がかかってしまうので)

 

ここでチェックしてほしいポイントは、スピードと提案内容です。

①スピード

個人的にはメールで問い合わせをして、2日以上、連絡が来なければそこの会社との取引はやめても良いと思います。

 

最初の連絡が遅い会社は、打ち合わせや取引をしたとしても常にスピードが遅いので、最終的なサービスの質にも大きく影響してきます。(スピードとサービスの質は比例しています)

 

会社のタイミングによって忙しい場合は?と思うかもしれませんが、それはそれで「ただいま大変込み合っているのでご連絡が◯日後となりますが大丈夫でしょうか。」などと入っていれば、気持ち的に安心感が違うと思います。

 

②提案内容

ただ、スピード早ければすぐに決めて良いかというとそんなことはなく、もちろん提案内容も重要です。

ここは、担当者との相性や求めている内容が会社によって違うと思うので省略します。

(専門用語をあまり使わない会社は、相手への配慮が出来ているのでおすすめです。)

 

期待通りにいかない可能性も考える

実際に良さそうな会社があって最後に発注を依頼する際には、取引後に期待通りにいかない可能性も考慮しておくことも必要です。

 

これは、ないにこしたことはないですが、完成している商品を買うのとは違ってITサービスは取引をしてみないとサービスの形や良さが見えないことがほとんどです。

 

万が一思い通りにならなかった時に、丁寧に対応してくれる会社かどうかも、事前のやり取りや提案内容から想像しておくことも大切です。

実際に納品したサービスが、全くイメージと違ったけれど、何も話を聞いてもらえないなんてトラブルも結構聞きますからね…

 

3.最後は信用できるかどうか

IT会社を探して取引するのは、お店で買い物をするのと比べると違うイメージがあるかもしれませんが、最後は相手の会社(人)を信用できるかどうかが全てです。普段の買い物と同じです。

 

紹介した内容はとても基本的なことですが、大切なことなので取引前の違和感はなくした状態で契約することが大切です。

 

 

リプロネクストも信用される会社になれるようコツコツと当たり前のことを積み重ねていきます。