お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

経営
2017.06.26

オープン初日に満席になった居酒屋がしていたこと

居酒屋をオープンして初日から満席になったら本当に嬉しいですよね。

お店を始めるのには規模にもよりますが数百万円以上かかるのが当たり前です。それだけの費用がかかったにも関わらず、オープンしてから顧客の獲得をしていては経営が苦しくなるのが目に見えています。

そこである居酒屋がオープン初日から満席でその後も固定客がついたというお話を紹介します。

何もない状態から始めたこと

その居酒屋を始めた男性オーナーは「神奈川で居酒屋を始める」とだけ決めてまだお店の場所もどんなメニューにするかも決めていない状態で集客を始めたのです。

「お店もないのに集客なんてできるわけない」

皆さんと同じで私もそう思いました。

しかし、その方は「居酒屋を始めます」という名刺を先に作ったのです。
そして、会う人会う人に
「神奈川県湘南付近で居酒屋を始めようと思っています。よろしくお願いします」
と名刺交換をしていきました。


そして、名刺交換と同時に一言付け加えました。

「毎月ニュースペーパーを送っても良いですか?」


普通、お店もないのにニュースペーパー書けるはずがないと考えますが、
その方は違いました。
居酒屋をオープンするまでの状況を全てニュースペーパーにしたのです。


「こんな物件を見てきました。」

「コンセプトはこんな感じです。」
「食材の仕入先はこんなところです。」


オープンが近づいていくと


「試食したい人募集」

「内装手伝いたい方一緒にやりましょう」
「オープンは◯月◯日に決定しました」


毎月毎月居酒屋がオープンするまでの情報を会った人全員に
ニュースレターとして伝えることをなんと2年間も続けたそうです。


それだけ毎月状況を報告されるとニュースレターを読んでいる方も
段々とオープンが待ち遠しくなってきます。あれだけの情熱がある方だからきっと美味しいに違いないと当然思います。

そしてオープン初日、お店にはニュースレターを読んでいた方で満席となったそうです。


情報発信は大切だとは思いますが、この事例のように
オープン前に2年間も続けていたことにはとても驚きました。

情報発信は早い方が良い

オープンする前から情報発信をすることは新しくファンがつくことが一番のメリットではあると思いますが、新しいことをやると決めたときに「お店やろうと思います」「こんなことを独立してやります」と周りの人に伝えることで自分自身の考えも整理していけることもメリットの1つだと思います。


居酒屋をやろうと思いますと伝えたら
「なんで居酒屋やりたいの?」「どんなお店にしたいの?」など相手から質問を受けるので常に「自分はどんな居酒屋をしたいのか?」と考えることができます。

 

名刺を1つ作るだけでスタートできるのであればお金もほとんどかかりません。新しいことをやりたいと考えている人は是非一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

友だち追加