お問い合わせ

僕がいつも食べているお昼ご飯をご紹介【徒歩3分のパン屋さん麦人】|河合blog vol.2

僕がいつも食べているお昼ご飯をご紹介【徒歩3分のパン屋さん麦人】|河合blog vol.2

こんにちはー!!

 

メディア担当の河合です。
月1回、私の日常をさらけ出す日がやってきましたね。

 

今回はどんなことを綴ろうかなと思ったのですが、河合と言えば「食」。

(リプロスタッフ全員:「酒だろ!」)

 

 

なにか聞こえてきた気がしましたが、気にせず本題に参りましょう(^◇^)

「河合はお昼ご飯に何食べてるの?」という皆さんの疑問に、ついに、満を持して、お答えしたいと思います!

 

 

事務所から徒歩3分のパン屋さん「麦人(Mugi-Bito)」

 

私のお気に入りで、いつも行っているパン屋さんをご紹介。
その名も、「麦人(Mugi-Bito)」

 

最初の頃はお弁当を持って仕事に来ていたのですが、ここのパンが好きすぎていつも買うようになってしまいました(笑)

いまでは、仕事に来る一つの楽しみになっていますね。

 


外観はこんな感じ。まちの小さなパン屋さんという感じの可愛いお店です。

麦人(Mugi-Bito)の概要

営業時間  7:30~18:00

定休日   第一月曜・毎週火曜

 

住所  :新潟県新潟市西区寺尾東2-24-19

麦人のココが河合のお気に入り!

麦人さんのお気に入りポイント3つを勝手にご紹介しちゃいます。
きっと、みなさんもここのパン屋さんが気になっちゃうのでは?

 

それでは、れでぃご!

1.【味】素朴過ぎない充実感と、華やか過ぎない安心感

まずは何といっても、味ですね。
これは「食」において、とっても大事な部分。

 

麦人さんのパンは、サブタイトルにも書きましたが、素朴過ぎない充実感と、華やか過ぎない安心感を同時に感じられるパンかなと思っています。

 

「〇〇ない&〇〇ない」って書くと、なんだかマイナスなイメージが浮かんでしまうかもしれませんが、河合にとってはこの表現がぴったりなのです。これらが共存しているってすごくないですか?

 

素朴ではあるが、素朴過ぎない。

華やかではあるが、華やか過ぎない。

 

素朴でもあり華やかでもあり、かといってどちらかが突き抜けているわけではない…。

とっても心地よいバランスなのです。

 

味に関してはもうこれ以上は、文字では何とも表現しにくいですね。

食べてください。
食べればわかります(笑)

2.【工夫】どのパンもこのお店ならではのひと工夫が感じられる

次は、他のお店のパンにはないようなこのお店ならではの工夫が感じられる点がお気に入りのポイント。

 

 

例えば、河合がこのお店で1番大好きなパン…

「ごぼうサラダとベーコン」180円

 

めっちゃくちゃおいしいんです。

ごぼうのシャキシャキとした、愉快な歯ざわり。

ベーコンと焦がしチーズの香ばしい香り。それらを一体にしてくれるマヨ。

もう素晴らしいですね。

 

ごぼうサラダにベーコンが入るってなかなか無いですよね。

 

 

 

そして、2番目に河合が好きなパン…

「ビーフカレークルトン仕立て」200円

 

また、ここのカレーパンは、全面にクルトンがまぶされています。

クルトンと一緒に揚げているため表面はざっくざく。

でも、ひとたび口の中に入れると、中のもちもちとしたバターの旨味たっぷりな生地が、コク深いカレーと混ざり合います。

 

表面、もちもちの生地、そしてそれらが混ざりあった段階の3段階で違った顔を見せる面白いカレーパンだなあと思っています。

 

などなど、どのパンもこのお店らしいこだわりが感じられるのも私のお気に入りポイントなんです。

3.【雰囲気】暖かく、落ち着く店内の雰囲気

先ほどから写真を見てもらって分かるとおり、まちの小さなパン屋さんなのです。

店内のあたたかな雰囲気や、このお店を営んでいるおじちゃん、おばちゃんの優しさに毎朝元気をもらっています!

「食」を大事に

未来の自分の体をつくるものは、今の食事なので「食」にはこだわっていきたいですね。

(普段、暴飲暴食気味であまり意識できていませんが…)

 

河合おすすめのパン屋さん「麦人」、ぜひ訪れてみてください!

 

それでは、次回も河合の普段の様子を公開していきます!

お楽しみに!