お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

VR・360度 新潟
2018.02.13

地方(新潟)でVR/360°パノラマサービスをやる価値

「地方(新潟)でVRの仕事ってあるの?」

当社が仕事を進めていく中でこのように聞かれることが多いです。
このことについて事例と今後のことについて少し書いてみたいと思います。

仕事はあるけれど

結論を言うとVRのご相談は日に日に増えています。ハウスメーカー、工務店、結婚式場、観光協会、イベント活用など実際に導入していただいていますし、VR/360°パノラマサービスのリピーター率も80%を超えている状況なので、必要とされてきているのだと実感しています。
「けれど」とつけたのは仕事は増えてきてはいますが、まだまだ想定していた導入件数にはなっていないので、もっと知ってもらうこと、理解してもらうことを意識して取り組むことが今後の課題だと実感しています。

どういう使われ方が多いのか?

・ハウスメーカー:住宅展示場の紹介、建売物件の紹介
・工務店:住宅展示場の紹介、バーチャル展示場の紹介
・結婚式場:結婚式のパターンを紹介
・観光協会:新潟県内各地の観光スポットの紹介、首都圏でのイベント活用

簡単に箇条書きで行うとこんな感じです。当社は企業の販売促進としてVR/360°パノラマサービスを行っているため、「お客様に見せたいけど(何かしらの理由があって)見せられない」というニーズにかなりあっています。
例えば、すごく良い物件だけどチラシやホームページだけを見ては伝わらないや来てもらえれば良さがわかるという企業やサービスには合っています。

今後のこと

今いただいているお仕事に対してはさらに結果を出しながらお客様や地域の期待を超えられる成果を出していきたいと思います。そのためにも、今後需要を感じているのは大きく2つあります。

モノづくり
VR/360°パノラマサービスを新潟で行っている理由でもあるのですが、新潟県には燕三条を中心としてモノづくりの企業が多いです。また、日本酒の酒蔵も新潟県は日本一多いです。そんなモノづくりや技術力に自信がある新潟県ですが、お客様にただ商品を見て決めてもらうのではなく、その背景にあるどんな環境でどんな人がどんな技術をつかってつくっているのか?というところを伝えていく必要性を感じています。

これはすごく基本的なことで知らなくて本当に恥ずかしかったのですが、日本酒で有名な「八海山」は新潟の魚沼地域でつくられていたことを数年前に始めて知りました。魚沼はコシヒカリが有名ですが、実際にある山の「八海山」のキレイな水を使っていることでお米も日本酒も美味しくできているそうです。

ただ、美味しいや良いモノで終わるのではなく「なぜ美味しいのか?」「なぜ良い商品なのか?」ということを伝えることができれば、日本だけでなく世界から注目される新潟県になると思います。

採用活動
そして、もう一つVR/360°パノラマサービスを活用したい分野は採用活動です。新潟は毎年進学や就職で東京に行く学生が多いです。実際に私も高校卒業後に新潟を離れそのまま東京で数年間働いていました。東京の大学を卒業後にUターンをして就職するという選択肢もありましたが、新潟の企業は亀田製菓や銀行などしか知らずにどうしたら良いかもわからず、さらに東京の会社がキラキラして魅力的に感じていました。

しかし、実際に新潟で仕事をしていると今まで知らなかった、全国的なシェアをとっている新潟の企業、プレミアムフライデーを積極的の導入や新しい働き方に対して積極的に挑戦している企業に驚いています。

どんな会社か?どんな仕事をしているのか?どんな人が働いているのか?ということを伝えていくことで、知らないからという理由で新潟で働くことを諦めていた人が少しでも減るのではないかと考えています。

 

新潟にいて初めて気がついたモノや企業を全国・世界に発信していけるようにスピード感を持って取組んでまいります。