お問い合わせ

地方でインスタグラムマーケティングが効く業界とは【新潟の事例も紹介】

地方でインスタグラムマーケティングが効く業界とは【新潟の事例も紹介!】

商品やサービスの魅力を届けるため企業やお店がSNSアカウントを持つことはもはや珍しいことではなくなりました。どこにいても全国、世界に向けて情報を発信できるというのはSNSの強みであり、地方を拠点にする企業やお店も積極的にSNSを取り入れています。

 

 

そこで今回は代表的なSNSであるTwitter、Facebook、Instagramの中でもInstagramの特性にフォーカスして、地方でインスタグラムをマーケティングツールとして取り入れるのにオススメな業界をピックアップしました。

 

後半では新潟でInstagramを効果的に活用している事例を紹介しているので、「Instagramを始めようか悩んでいる」という広報担当の方は参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

インスタグラムマーケティングとは

企業のブランディングや認知拡大、お店の集客や売上アップなどそれぞれの目標に向かってインスタグラムを活用し、プロモーションを行うことです。InstagramとはFacebook社が提供するサービスで、日本国内の月間アクティブユーザー数は3,300万人(2019年3月時点)、世界中で見れば10億人以上と成長を続けています。

 

“インスタ映え”という言葉もあるように、視覚に訴えかけるビジュアル重視のサービスというのが特徴。TwitterやFacebookに比べるとシェア機能がなく拡散力は弱いものの、ハッシュタグや位置情報を活用した検索機能に優れており、幅広い世代から情報収集ツールとしても活用されています。

 

データ引用元:2020年8月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ

地方でインスタグラムマーケティングが効く業界3選

インスタグラムマーケティングがオススメな業界3選

ここからは地方に拠点を置く企業やお店の中で、マーケティングツールとしてインスタグラムの運用をオススメしたい業界を紹介します。地元の方だけではなく、県外・海外の方にも知ってもらいたいという場合はぜひ参考にしてください。

1.飲食業界

料理はいくら文章で説明をされても、中々イメージがつきにくいもの。写真で見せることで訴求効果が高まるため、飲食業界とインスタグラムはとても相性が良いと言えます。また最近では、ハッシュタグ検索(#○○ランチ #○○グルメ)や位置情報を活用し、お店選びをするという選択肢が増えてきています。そこでしっかりと情報が発信されているかどうかが、他店との差別化にもなるでしょう。

2.宿泊業界

二つ目は宿泊業界です。旅行や出張で宿泊地を決める際「行ってみて違った」という失敗を避けたいと多くの方が感じています。そこで、館内や料理の紹介を写真と共に伝えることで、旅行サイトでは知ることのできない魅力をユーザーに届けることができます。タイムリーな情報が写真で提供されているのは、ユーザーに大きな安心感を届けることに繋がります。

3.レジャー業界

レジャーと言っても屋内、屋外様々ありますが、写真や動画で臨場感のある情報を伝えることで、効果的にサービスの魅力を伝えることができます。「面白そう」「行ってみたい」と思われるためには、やはりビジュアルでのPRが大切。また、インスタグラムは一覧表示で世界観を届けやすいので、”自然豊か””アクティビティが充実”などの印象づけをするのにもオススメです。

新潟でインスタグラムを効果的に活用している事例

最後に、上記の業界から新潟を代表するインスタグラムアカウントを紹介します。ここでは一部の投稿しか掲載しておりませんが、アカウントページでその投稿内容や写真の撮り方などを参考にしてみてください。

1.燕三条イタリアンBit 新潟店(飲食業界)

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日!生ウニ!!あります!!! Bitは生ウニの肉巻きや生ウニのスパゲティーが大人気🥰 他にも新潟の美味しい食材をご用意してお待ちしております❤️ 本日お席あと少しですがご用意できます✨ご連絡お待ちしております🙇‍♀️ 二件目のご利用も大歓迎です\(//∇//)\ . . @bit_niigata 新潟店 @bit_ginza 銀座店 @bit_tsubamesanjo 燕三条本店 @bushido528 オーナー秋山武士 . . #燕三条イタリアンbit #燕三条イタリアンbit新潟店 #新潟市中央区 #新潟ランチ #新潟ディナー #新潟グルメ #新潟テイクアウト #テイクアウト

燕三条イタリアンBit 新潟店(@bit_niigata)がシェアした投稿 –

こちらは2015年に居酒屋甲子園で優勝経験のある人気レストラン「燕三条イタリアンBit 新潟店」さんのアカウントです。動画や写真で料理の魅力や旬食材の情報がわかりやすく発信されていますね。また、お客様やスタッフ、取引先農家さんの顔が見えることで、お店に行ったことがなくても親しみを感じることができます。
ストーリーのアーカイブ機能を活用し「テイクアウト」「産地巡り」など、情報をジャンルごとにまとめているのもユーザーにとっては嬉しいですね。

2.里山十帖(宿泊業界)

こちらは南魚沼市にある「里山十帖」さん。絶景露天風呂と古民家×デザイナー家具の洗練された空間、そして地物を使った料理が魅力の旅館です。写真一枚一枚から空間、食材、サービスの質へのこだわりが伝わってきますね。季節の移ろいで変化する宿の日々がシンプルに伝わってきます。
外国人宿泊者も多いこちらの宿ですが、写真を使ったPRは言語を問わず、世界中の人に魅力を伝えることができます。

3.snow peak Headquarters(レジャー業界)

 

この投稿をInstagramで見る

 

. まだまだ暑い日が続いておりますね! ここHeadquartersキャンプフィールドでも日中は暑くなりますが、夜は風が気持ちよく比較的涼しい日が続いています😊 . 今週は天気も良く、夜には満点の星空を見る事が出来ました🌌 肉眼でも天の河を見ることもできます‼︎ . 明日からは、週末休みですね! Headquartersキャンプフィールドには、まだ少し空きがございます🙌 ご予約可能でございますので、お電話にてお問い合わせくださいませ! . 皆さまのご来場をお待ちしております! . . . #snowpeak #snowpeakheadquarters #スノーピーク #スノーピークヘッドクオーターズ #燕三条 #新潟 #camp

スノーピーク Snow Peak Headquarters(@snowpeak_hq)がシェアした投稿 –


最後に紹介するのは、新潟のレジャー業界を牽引する「snow peak Headquarters」さんのアカウントです。県外の方でもわかりやすいよう投稿には詳細な店舗情報が掲載されていたり、新潟の土地柄の説明なども加えられています。そして、ストーリーズ機能を活用し「本日の天気」が日々更新されており、現地のリアルな雰囲気も届けられています。

まとめ:インスタグラムを活用して地方から全国、世界へ発信!

この記事では、地方でインスタグラムをマーケティングツールとして活用するのにオススメな業界と参考事例を紹介しました。SNSはコツコツと投稿する必要はありますが、全国・世界へと無料で発信できる大変便利なプロモーションツールです。

 

インスタグラムは特にビジュアルでPRしたいという場合にオススメであり、世界観を届けたいという際にも大変役立ちます。

 

色んなアカウントを参考にして、効果的にインスタグラムを活用していただけたらと思います。

高橋
高橋
広報・メディア
2020年入社。大学卒業後にUターンし、地方誌編集、企業広報を経て現在に至る。人の心を動かし、寄り添える広報を目指し奮闘中。お酒と新潟と音楽が好き。