お問い合わせ
STAFF
2020.05.15

最近のおうち料理をいろいろご紹介-適当レシピを添えて-|河合blog vol.4

こんにちは。メディア担当河合です。

GWはみなさまいかがお過ごしでしたか?

 

 

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が叫ばれ、「我慢、week」などと言われることも。私はというと、もっぱら家で趣味の料理にいそしんでおりました。

そこで、今回は私の最近のおうち料理をいろいろとご紹介しちゃおうと思います!

超適当ではありますが、簡単なレシピも公開します。

 

 

詳しいレシピ等を知りたい方はぜひ、Twitter等で聴いてもらえたら嬉しいです~~。

 

 

▼河合のTwitterはこちら

 

関連記事はこちら▶ 第1回河合食堂:誰でも参加OK!合同忘年会!【開催レポート】

 

 

それでは、一週間分一挙公開します!!!

 

 

1.ブレザオラ【牛肉の生ハム】

まずは、こちら。私の大好きな生ハムです。実は牛肉でも生ハムが簡単につくれちゃうんです!元々は、ヨーロッパの方で保存食としてつくられていたようです(たぶん)

ちなみに、周りの色が変わっている部分、決して傷んでいるわけではないのでご安心を(笑)

新潟の塩引き鮭みたいなものでしょうか。

 

 

それでは、簡単に作り方を…。

①塊の牛肉に、「これでもか!」というほど塩をすり込みます。

②塩をすり込むと牛肉の水分が出てくるので、半日おきくらいの頻度でキッチンペーパー等でふき取りながら冷蔵庫で3日ほど寝かせます。その間、随時塩を追加ですり込んだり、ハーブで香りづけしたりしながら愛情をこめて育て上げます。

③完成!!

 

 

牛肉の余分な水分が抜けて味がギュッと引き締まったブレザオラ。噛むたびに旨味が広がる、ワインにぴったりの一品です。

 

2.エビチリ【卵もはいってるよ】

続いてはこちら。エビチリ。これまでエビチリは作ったことが無かったのですが、何となくで挑戦してみました!

 

こちらも、レシピ等を見ないで作ったので参考になるかどうかわかりませんが、意外ととてもおいしくできたので一応紹介しちゃいます!

…レシピとか取扱説明書とか読めないタイプの人間なのです。(レシピに関しては、分量を量るとかが特にむりで…)

 

 

①みじん切りにした、にんにく・生姜・ねぎをごま油で炒めます。

②香りが出てきたら、豆板醤・オイスターソース・塩・砂糖・鶏ガラスープ・トマトケチャップ・スイートチリソース(あとなにか入れた気も…)を入れて少し炒める。

③調味料を調節し味が整ったら、殻をむいて酒・塩につけておいたエビに片栗粉をまぶして鍋に投入。

④とろみが足りなかったら水溶き片栗粉を入れて、とろみをつける。

⑤最後に溶き卵をまわし入れ、全体になじませる。

⑥白髪ねぎをあしらって、完成!

 

 

意外と簡単にできるもんですね!エビと薬味さえあればできちゃうのでこれからもつくろうかな~。

夏はエビではなく、ざく切りにしたフレッシュトマトを入れてもおいしそう!!ビールが進む!!

 

3.黒麻婆豆腐【たけのこがポイント!】

続いては麻婆豆腐。こちらはかなり自分好みに仕上げています。辛いものがお好きな方はぜひお試しください!

 

 

①みじん切りにしたにんにく・生姜・ねぎをごま油で炒める。あと八角をひとかけ入れる。

②香りがついてきたらひき肉を投入。ここで少し酒と塩を振る。八角は取り出してしまう。

③いい感じになってきたら、粗みじんにした、しいたけ・たけのこを投入

④少し炒めたら豆板醤・甜麺醤・コチュジャン・オイスターソースを入れてさらに炒める。

12分ほどジャン系のものを炒めたら、鶏ガラスープでのばし、醤油や塩等を少し入れて味を調える。

⑥その後、黒ゴマと花椒(ホアジャオ)を大量投入

⑦湯通しした絹ごし豆腐を投入し少し煮る。

⑧水溶き片栗粉を入れとろみをつけて完成!

 お好みで花椒の実入りのラー油をかけてお召し上がりくださいな。

 

 

これは、何度作ったかわからないくらい作っていますね~。麻婆豆腐をガチで作っている人にとっては手順や材料等少し違うと思う部分があるかもしれませんが、自分が食べるものなので自分がおいしければそれでいいんです(笑)

でも、こうするともっとおいしくできるよ!っていうご意見はとっても嬉しいので、ぜひTwitterにご意見お寄せください!!麻婆はこれからも研究していきます。

 

4.鳥スペアリブのさっぱり煮【超簡単】

これは私の母の味。とっても簡単で、めちゃくちゃおいしいのでみなさんにもオススメ。包丁・まな板いらず。ものの10分で完成します!

 

 

①鍋に醤油と酢を11の割合で投入(ひたひたくらいの量)。

②そこへ適量の酒・みりん・ローリエ1枚(無くてもOK)・にんにく23片を投入。

③スペアリブを置き、蓋をし、弱火で鶏肉に完全に火が通る寸前まで煮る。

④盛り付けて完成。

 

 

超簡単ですよね!これがまあ~うまいんです。

 

 

ポイントは煮すぎないこと。鶏肉は火を入れすぎると固くなってしまいます。ほろほろ・ぷるぷるのさっぱりした鳥スペアリブ。これは夏の暑い日でもご飯何倍でも食べられる一品です。

ちなみに、香りづけのためにいれたにんにくも超いい感じ。にんにくの香りと旨味たっぷりになった口の中をビールで洗い流す…。考えただけでも至福です。

 

5.バターチキンカレー【気分に合わせたスパイスで】

続いては、麻婆豆腐と同じくらい私が研究を重ねている「カレー」。

家族、や大学の後輩、大家さん…など、いろいろな人に振舞ってきました。気分に合わせてスパイスを少し変えるだけで、香りや味わいが一気に変わる「カレー」という食べ物はめちゃくちゃ面白いです。

 

今回は、超スタンダードバージョンの、みなさん大好き「バターチキンカレー」をご紹介。こりゃもう、ものすごいカロリー爆弾ですが、やみつきになりますよね。

 

 

①にんにく・玉ねぎ・生姜をできる限り細かく刻んで(フードプロセッサーがある人は、ペースト状にして)油を敷いた鍋に投入。ホールスパイスはここで投入。(フェンネルやシナモンスティックを入れるとさわやかな香りになります。)

②香りが出て、玉ねぎの水分が飛びあめ色になってきたら、パウダースパイス各種を投入し炒めます。(クミン・コリアンダー・ガラムマサラ…など。とりあえずクミン入れとけばそれっぽい香りになります。)

 ※パウダースパイスは焦げやすいので超弱火で。

③パウダースパイスを炒めたら、そこに小麦粉を投入。さらに弱火で少し炒めます。

④トマトピューレ・カシューナッツペースト・チャツネ・ブイヨン・水を投入し煮込みます。

⑤同時に各種パウダースパイスと塩、ヨーグルトに漬け込んだ鶏肉を弱火で炒め、ある程度表面に火が入ったら鍋に投入。煮込みます。この時、勇気を出して生クリームやバターを入れ、カロリーに追い打ちをかけていきましょう。

⑥塩やパウダースパイス等で味を調節。

⑦皿に盛りつけて完成!追い生クリーム、パルメザンチーズなどを振りかけてカロリーにとどめの一撃を放ちましょう。

 

 

できる限り口当たりがなめらかになるよう、入れる材料はとにかく細かくすることをおすすめします。

なんといっても、カロリーの高いものはうまい。この世の真理といっても過言ではありません。

 

6.いろいろ燻製【煙モクモク楽しい】

このGWに家で燻製にもチャレンジしてみました!ずっとやってみたかった燻製、とても楽しかった~。

 

 

①中華鍋(テフロン以外の鍋ならOK)にアルミホイルを敷き、上から燻製用のチップ(今回は桜)をセットします。

 

②上に食材をセットして、鍋に蓋をすれば準備OK

③強火で鍋を温め、短時間で燻製していきます。

10分程度で完成!アルミホイルや鍋はアチチなので気を付けてください。

 

 

中の食材に火が入りすぎてしまうとぱさぱさになってしまうので注意が必要。とにかく高温で短時間で行うことをおすすめします。

燻製ってうまいですよね~。今回は、ドイツビールの「デュンケル」と共にいただきました。

次は何を燻製しようかな。

 

7.マッシュポテトonカポナータ【映え】

最後はめずらしく映えを意識した一品です。

マッシュポテトにカポナータを乗せるという何ともシンプルなものではありますが、それっぽく見えますね(笑)

 

 

【マッシュポテト】

①じゃがいもを蒸かすorゆでる

②生クリームと塩、ホワイトペッパーを入れて、とにかくマッシュ!

③粗熱をとり、透明なグラスにいれて待機。

 

 

【カポナータ】

①好きな野菜を均等な大きさに刻みまくる。(今回は、かぼちゃ・玉ねぎ・パプリカ・ズッキーニ)

②鍋にオリーブオイルを敷き、みじん切りにしたにんにくを入れ香りが出るまで炒める。

③具材を火の通りにくい順番にいれ、炒める。この時に、少し塩をしておく。

④すべての食材が入ったら、少しだけ水を足し、お好みでハーブを入れ(今回は少しローリエとオレガノを入れました)蓋をして炒め蒸し。

⑤野菜から水分がでてきたら蓋を開け、トマトピューレを投入。水分を飛ばしながら煮ていきます。

⑥水分が飛んだら容器に入れ、粗熱を取って、一晩冷蔵庫で寝かせて完成!透明なグラスにON!セルフィーユなんかをあしらってもおしゃれですね。

 

 

毎年夏に、農家のおじさんおばさんから、トマトやニンニク、ズッキーニ等をはじめとする大量の夏野菜が送られてくるので、これをつくると夏が来たな~って感じます。

 

まとめ:料理は楽しいね

ざざっと適当レシピと共にご紹介しました。やっぱり料理って楽しいですね~~。

 

ちなみに、次回20日(水)のメディア担当オリジナル企画ブログは、「オンライン料理教室」に参加した様子をレポートしたいと思います!!

 

nukunukuさんのオンライン料理教室 詳細はこちら

■お知らせ:クッキングライフ「nukunuku×lipronext」5月中旬より新潟発!オンライン料理教室を開催

 

 

プロから料理を教わって、腕を上げるぞ~~!

それでは以上、「最近のおうち料理をいろいろご紹介」でした。

 

 

▼河合のTwitterはこちら