お問い合わせ
Google
2020.07.24

旅館・ホテルのPRに使えるGoogleストリートビュー【選ばれる理由と事例】

旅館・ホテルのPRに使えるGoogleストリートビュー【選ばれる理由と事例】

新型コロナウイルスは観光業界にも大きな影響を与え、全国各地の旅館・ホテルは大きな打撃を受けています。

国内観光需要喚起を目的とした「Go To Travelキャンペーン」が開始され、「選ばれる旅館・ホテルになるには」とPRに頭を抱える旅館・ホテルも多い中で、オンラインでのPRツールとしてGoogleストリートビューが再注目されています。

 

ここでは旅館・ホテルのPRとしてGoogleストリートビューが選ばれる理由と事例を紹介します。

 

 

旅館・ホテルのPRにGoogleストリートビューが選ばれる理由

旅館やホテルを決める際、多くの方がまず事前に情報収集をします。旅行雑誌やテレビから情報を集める場合もありますが、現在は各社旅行サイトや各施設のホームページを閲覧し、検討するのが主流です。

 

比較の際に重視するポイントは価格や料理、サービスなど人それぞれですが、空間や施設の特徴も大きな検討材料になります。「ここに宿泊したらどんな時間が過ごせるか」と利用客は事前情報から想像をするのです。

 

そこで、空間や施設の特徴を伝えるのにGoogleストリートビューが活躍します。それでは、選ばれる理由は何なのでしょうか。

 

1.空間全体の雰囲気を伝えられる

Googleストリートビューは360度をぐるりと見渡せるのが特徴で、実際にその場にいるかのように見たい方向を選択して閲覧することができます。
写真だと館内全体を把握するのは難しいですが、ストリートビューだと歩いているように空間を移動することができ、実体験に近い感覚で館内を紹介できます。

2.GoogleマップやGoogleマイビジネスに反映される

GoogleストリートビューはGoogleマップ上に公開するため、Googleマップを利用して旅館・ホテル探しをしているユーザーにも情報が届きやすくなったり、Googleマイビジネスを登録していれば、そこにも情報が共有されます。

3.自社ホームページに埋め込みも可能

Googleストリートビューは自社のホームページやサイトに埋め込むことも可能なため、バーチャル旅館・ホテルツアーをサイト上に公開することもできます。 他施設と比較した際に情報が充実していれば、安心感が生まれますよね。

旅館・ホテルのGoogleストリートビュー導入事例

ここでは実際にGoogleストリートビューを導入している旅館・ホテルを紹介していきます。ホームページ内に特設ページを作っている事例もあるので、その活用法についても参考になるはずです。

1.大観荘 せなみの湯(旅館/新潟県)


▶︎「大観荘 せなみの湯」館内パノラマビューページはこちら
こちらは新潟県村上市の瀬波温泉にある「大観荘 せなみの湯」。ロビーに入ると同時に目の前に広がる、瀬波海岸が印象的ですね。ホームページには「館内パノラマビュー」のページが設置されていて、ロビー・客室・大浴場をそれぞれバーチャル体験することができます。
大浴場は内湯から露天風呂に移動することができ、美しい景色と共にゆったりと温泉に浸かるイメージができます。

2.シェラトン都ホテル東京(ホテル/東京都)


▶︎公式ホームページはこちら
こちらは東京都にある「シェラトン都ホテル東京」。大都会にありながら静かな落ち着きを感じさせる雰囲気が漂っています。和と洋を融合したモダンな客室からは、美しい日本庭園を眺めることができます。

ストリートビューではベランダまで出ることができ、その景色を見渡すような気分を味わえます。レストランやロビーなどそれぞれのフロアの特徴も伝わってきますね。

3.京都貴船 料理旅館 ひろ文(旅館/京都府)


▶︎公式ホームページはこちら
京都府にある「京都貴船 料理旅館 ひろ文」。料理旅館とあるように季節の料理にこだわりっていて、新たに誕生した御座敷では囲炉裏を囲んで食事をいただくことができます。ストリートビューで見渡してみると、まるでタイムスリップしたかのような気持ちになりますね。落ち着いた大人の旅がかないそうです。

4.カフー リゾート フチャク コンド・ホテル(ホテル/沖縄県)


▶︎公式ホームページはこちら
沖縄県の「カフー リゾート フチャク コンド・ホテル」は非日常を感じられるリゾートホテル。レストランや客室、どこを切り取っても美しいビーチが広がっているのがストリートビューで確認できます。海を眺めながらプールでのんびりとした時間を過ごせそうです。

5.ひなの宿 ちとせ(旅館/新潟県)


▶︎「ひなの宿 ちとせ」ストリートビューページはこちら
最後に紹介するのは新潟県十日町市にある「ひなの宿 ちとせ」。露天風呂付き客室の様子がストリートビューでよくわかりますね。どの位置にお風呂があるのか、どういった空間なのかを知っておくことで安心してお部屋選びができます。こちらもホームページ内にストリートビューページがあり、エントランスやフロント、食事処まで確認することができます。

旅館・ホテルの特徴を届けたいならGoogleストリートビューがオススメ

この記事では旅館・ホテルのPRとしてGoogleストリートビューが選ばれる理由と導入事例を紹介しました。

ストリートビューを活用することで、各施設の特徴や見どころをより印象的に伝えることができていますね。

写真でも空間の雰囲気は伝えられますが、より体験に近いサービスであるGoogleストリートビューは旅のイメージをより具体的にしてくれるはずです。

弊社ではGoogleストリートビューの撮影から公開までを行っていますので、気軽にこちらからご相談ください。