お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアルを届けるWEBマーケティングの

情報を紹介します

新潟
2019.04.15

地域のためになる会社とは、どんな会社か?

こんにちは。リプロネクストの藤田です。
お知らせでも紹介していますが、先日、日本経済新聞に弊社の取り組みを取り上げていただきました。


弊社の事業紹介と東京を中心とした首都圏への営業戦略についての内容です。

人によっては、「やっぱり売上のために東京に行くんだ」「新潟から離れて東京に力を入れるんだ」と思う方もいるかもしれませんが、私たちの考えとしては地域に必要となる会社を目指すということに変わりはありません。(そもそも個人的には新潟にUターンをして会社を始めているので、会社の成長だけを目指すならUターンはせず東京で会社を始めていたかもしれません。)

地域のためになる会社とは、どういう会社か?

では、地域に必要となる会社・地域のためになる会社とはどういう会社でしょうか?
私としては、弊社のような主にBtoBビジネスを行っているベンチャー企業の場合にはまず「自立」することが必要だと考えています。

例えば、地元の会社だけにサービスを提供する会社や地元の補助金にだけ頼っている会社の場合には、どうしても地元の会社・地元の行政に合わせるサービス、言い換えると今売れるサービスを提供することが目的の会社になってしまうリスクがあります。

新しいサービスは受け入れてもらえないから他社がやっていることを提案しよう。

◯◯に対して補助金が出るらしいから、事業をそこに寄せてみよう。

他社よりも価格を下げて仕事を受けよう。

資本主義のことを考えるとこれらが全て悪いとは思っていません。
むしろ、弊社も余裕のある会社ではないので、受けられる補助金があれば応募していますし、お客様から「他社よりも安ければ導入したい」と言われれば、値引きをして目の前の売上を伸ばすことに力を入れることはあります。

ただ、地元の会社に言われたことだけ・受けられる補助金だけにサービスが頼ってしまうと、イノベーションを生むことができない会社体質になってしまうという強い危機感も持っています。

地域に頼らない「自立」が地域のためになる

結論としては、地元のためになる会社=地元に依存していない会社(自立している会社)だと考えています。
地元に依存していなければ、意見が割れた時に正しいことを正しいと言うことができます。正しいことを正しいと言うことは決して勇気があるかどうかだけではなく、極端に言うと自分が嫌われても正しいと思ったことを貫けるポジションをとれているかにかかっているのではないでしょうか。

リプロネクストも地元のためになる会社を目指すために、まずは「自立」することを目指して今後、数年間は成長スピードを上げて頑張ります。
近い将来、地元に貢献できる会社となりますので、今後もよろしくお願いします。