お問い合わせ

クラウドファンディングサービス注目5選【投資・購入・寄付の3つ紹介】

クラウドファンディング

皆さんはクラウドファンディングを知っていますか?

名前は知ってるけど「自分が始めるにはハードルが高そう」と思ってる方も多いと思います。

 

最近では地方を応援する「ふるさと納税」も増えていますが、クラウドファンディングのようにインターネット経由で人や地域を応援する機会が増えてきました。

 

今回は、クラウドファンディングで新しくプロジェクトを立ち上げたい方や、新たな資金調達源を模索している方に向けて注目のクラウドファンディングサービス5選をご紹介します。

 

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、「個人」・「企業」・「団体」がインターネット上でこれから行いたい事業を公表し、賛同してくれた不特定多数の人から資金を集める仕組みのこと。

 

これまで、資金調達は銀行からの借り入れが一般的でしたが、ネット決済が一般的になったことが普及を後押ししました。

支援者は少額から気軽に支援でき、返礼品や金銭的なリターンも受け取ることができます。

 

「魅力はあるけど自分たちだけでは実現は難しいプロジェクト」を支援者が資金的に応援することで、夢や目的の実現に近づくことができます。

 

ここからは主要なクラウドファンディング方法3種類をご紹介します。

主要クラウドファンディングの3種類

購入型

出典:CROWDPORT NEWS

 

「購入型クラウドファンディング」は、企業側が市場のニーズを製造前に事前に知ることができるのが大きな特徴。受注生産のような形態で、在庫を抱えるリスクを負わずに事業を行うことができます。

 

支援者に見返りとして返礼品やサービスが送られます。お金がリターンになることは基本的にありません。

 

支援金が目標額を超えた場合にプロジェクト成立となる「All or Nothing形式」と、目標金額以上の支援が集まったかどうかに関わらずプロジェクト成立となる「All In形式」があります。

起案者は事業目的に沿ってこれらの実施方式をきちんと確認する必要があります。

 

資金を集める仕組みですが、寄付や出資などに分別されません。

したがって、最終的に支援者は事前に商品やサービスを購入した形となります。

投資型

出典:CROWDPORT NEWS

 

「投資型クラウドファンディング」は、株式や配当金など金銭的なリターンが設定されているのが大きな特徴です。金銭が絡むので法規制のハードルが高く、購入型や寄付型に比べると事業者は少ないのが現状。

 

投資型クラウドファンディングは、株式を購入して株主になる「株式型」。企業に融資して金利を受け取る「融資型」。投資ファンドに資金を集約する「ファンド型」。以上の3種類に分けることができます。

 

最近では金商法の改正が行われ、運営会社の登録が義務付けられたので、投資経験の少ない方も積極的に参加してくると思われます。

寄付型

出典:CROWDPORT NEWS

 

「寄付型クラウドファンディング」は困っている人たちや団体への寄付を目的としたものです。基本的にリターンはなく、社会貢献を目的とした人向けの仕組みと言えます。

 

教育機関や非営利法人などへの寄付が主流で、支援者は自分の気持ちや希望に沿うプロジェクトに寄付することができます。ふるさと納税も寄付型に含まれ、寄付控除を受けることができます。

 

困っている人たちを助けて税金も減らせるなんて嬉しいですよね。

クラウドファンディング注目5選

ここから具体的に、クラウドファンディングサービスを紹介していきます。

1.CAMPFIRE(購入型)

まずは、購入型クラウドファンディング「CAMPFIRE」です。

購入型のため基本的に返礼品やサービスのお礼が支援者に送られます。

 

国内でもトップクラスの人気を誇り、2019年12月時点で支援金総額160億円以上を集め、28,000件以上のプロジェクトが実施されています。

 

最大手の業者のため情報量や口コミも多く、トラブルについても親切に対応してくれるので、これからクラウドファンディングを始めたい方にはオススメのサイトとなっています。

 

■公式サイトはこちら

 

Good Morning by CAMPFIRE(寄付型)

こちらはCAMPFIREの中でも、社会問題の解決に取り組んでいる人向けのプラットフォームが「Good Morning」。

 

社会を変えようと思った人が声をあげ、それに共感する仲間が資金を集めて社会を変えるまでを一貫してサポートしています。

 

「誰の痛みも無視されない社会」をコンセプトに、インターネットを通じて世間に向けた情報発信やコミュニティ制度など、新しい社会制度の構築を目指しています。

 

■公式サイトはこちら

2.Readyfor (購入型)

続いては、国内初のクラウドファンディング「Readyfor」。

国内トップクラスの掲載数とプロジェクト成功率を誇り、クラウドファンディング初心者の方も安心して利用できるサービスです。

 

「認定・准認定ファンドレイザー」が多数在籍しており、クラウドファンディングに関する詳しい知識と高いプレゼンテーション能力を持ち合わせています。

プロの専門家が多数在籍しているので、個人や企業、団体など、あらゆる要望にベストな支援方法を提案してくれます。

 

「新しいプロジェクトを考えたけど支援が集まるか不安…」と思いの方もまずは気軽に無料相談で聞いてみるのも良いかもしれません。

 

■公式サイトはこちら

 

Readyfor Charity(寄付型)

こちらはReadyforのチャリティー版「Readyfor Charity 」。

NPO法人や学校、自治体など、社会性に富んだ数多くのプロジェクトを掲載。

 

テレビで活躍中の落合陽一さん(筑波大准教授)も利用しており、約2000万円の寄付金が寄せられています。

購入型のReadyforと同様に、プロジェクトの公開から達成までのサポートを受けることが可能です。

 

寄付者の方も税制優遇が受けられ、双方に好評なクラウドファンディングサービスとなっています。

 

■公式サイトはこちら

3.Crowd Bank(投資型)

「待つだけ、資産運用」のフレーズが印象的な投資型クラウドファンディング 「Crowd Bank」。

2019年時点で応募総額600億円、国内クラウドファンディングNo.1の顧客満足度を獲得しています。

 

人気の秘密は「少額かつ低リスクで時間を掛けずに」資産運用を開始できること。

サービス開始以降、数多くのファンドが掲載されてきましたが、元本回収率100%を記録しています。

 

インターネット上で多くの支援者が少しずつお金を出し合って運用していくシステム。

本来、個人で投資を始めるには多くの元手が必要ですが、少額資金で無理のない運用ができるので、投資初心者も参加しやすい仕組みとなっています。

 

■公式サイトはこちら

4.FUNDINNO(投資型)

こちらは国内取引量No.1の投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」。

日本初の株式型クラウドファンディングで魅力ある未上場企業の案件が豊富に掲載されています。

 

1口10万円前後の小口から企業の株式に投資することができ、投資先企業からのIR情報等を定期的に確認することが可能。

 

未上場企業への投資はハイリスクですが、成長を見込める企業に小口で投資できます。

ハイリターンを得たい方や、今後伸び代のありそうな企業を応援したい方にオススメのサービス。

 

未上場企業の方にとっても、インターネットを通じて幅広く投資家からの支援を受けることができ、資金調達の源泉になっているようです。

 

■公式サイトはこちら

5.にいがた、いっぽ(購入型・地域)

こちらは、新潟の未来を作るクラウドファンディング「にいがた、いっぽ」。

新潟にゆかりのあるプロジェクトが数多く掲載され、購入者は新潟の地域活性化に貢献することが可能。

 

企業の方は新潟日報と提携し、掲載無料でプロジェクトの宣伝やPRを行うことができます。

プロジェクトは成功報酬型なので、目標金額に達した場合のみ、集まった支援金から手数料を差し引いた額が企業側に支払われます。

 

新潟県民なら誰もが知っている地方紙「新潟日報」と提携することで、事業の開発段階から広く支援者と交流することができます。

 

資金を募るだけでなく、企業のファンづくりを行うことができるので、マーケティング活動にも利用できそうですね。

 

■公式サイトはこちら

事例:「にゅーふぇいす」  新潟大学 学生プロジェクト(購入型)

最後に過去の購入型の事例を一つご紹介。

 

日本酒が苦手な女子学生が考案した、日本酒が苦手な人目線で作られた、全く新しい日本酒ギフトです。

 

新潟県津南町にある苗場酒造の飲みやすいと感じた日本酒2種を厳選し、おつまみも日本酒の魅力を最大限活かせるようなドライフルーツなどが入っています。

 

にゅーふぇいすオリジナルブレンド酒「いろは」は、購入型クラウドファンディングサイト「Makuake」からのみ入手可能とのこと。

3,000円の支援で、にゅーふぇいすと学生からの手紙を受け取ることができました。

 

支援の総額はなんと約100万円。多くの支援者の後押しでプロジェクト達成までたどり着くことができた事例です。

 

「信用」や「担保」もなくて借り入れが出来ないような大学生でも、「共感」をベースに資金調達をすることができます。

 

■Makuakeの関連ページはこちら

まとめ:資金調達は銀行だけじゃない

いかがだったでしょうか。

今回は「購入型」「投資型」「寄付型」のクラウドファンディング注目5選をご紹介しました。

 

クラウドファンディングの魅力はインターネットを通じて広範囲で支援を募り、集まった資金で事業を開始できること。

 

国内だけでも数多くのクラウドファンディングサービスが存在するので、企画から募集までの流れや手数料にも違いがあります。

 

ぜひご自身の事業に合わせたクラウドファンディングサービスが選べるように、しっかりと比較していきましょうね。