お問い合わせ

Googleストリートビュー(インドアビュー)公開までの流れ

Googleストリートビュー(インドアビュー)公開までの流れ

〈最終更新日:2021年3月9日〉

店舗や室内の雰囲気を届ける方法として、Googleストリートビュー(インドアビュー)がおすすめです。しかし「Googleストリートビュー(インドアビュー)ってどんな流れで導入するの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな疑問を持っている方に向けて、撮影前〜公開までの流れを紹介していきます。

 

 

Googleストリートビュー(インドアビュー)とは

Googleストリートビュー(インドアビュー)とはGoogleが提供しているサービスで、世界各地の観光名所はもちろん、店舗や施設を360度体験できるサービスです。

360度パノラマ画像で構成されているので、まるでその場所を歩いているかのように空間の様子を見ることができます。

Googleストリートビュー打ち合わせ〜公開までの流れ

それでは、Googleストリートビュー打ち合わせ〜公開までの流れを順番にご紹介します。

1.サービスの説明

サービスの説明 イメージ

Googleストリートビュー(インドアビュー)は7割以上がご紹介から伺っておりますので、ある程度サービスのことを理解いただいていることが多いですが、念の為どういう表示をされるかについての説明は行っています。

特に「どういう部分を期待しているか?」「導入後の活用はどういう方法があるか?」については費用対効果を上げていくためにも重要な部分なので丁寧に説明するように心がけています。

2.撮影ポイントの打ち合わせ

撮影ポイントの打ち合わせ イメージ

基本的な規定はありますが、できる限りオーナー様のご要望に合わせて撮影ポイントを決めていきます。お客様に見ていただきたい部分と、私がお客様の立場で知りたい部分については意見を伝え、決めていきます。また、中を拝見させていただくと同時に映るとまずいものはないかどうかのチェックも行います。

3.撮影

撮影 イメージ

当社は基本的には、高品質な360度カメラを使用しての撮影を行っていきます。継続的に見ていただく画像のため、光の調整など細やかな気配りを心がけています。撮影時間は広さにもよりますが、30分〜1時間程度で終わる場合がほとんどです。

 

■関連記事:撮影現場に潜入編! Googleストリートビュー完成までの道のり【ノモトホームズ様】

4.編集

編集 イメージ
当社で三脚を消す、明るさの調整、ポイント間を結合していきます。編集ソフトはPremiere ProやHuginで向き/三脚を消す/ぼかしを入れる/明るさの調整を行い、専用ソフトでポイント間の結合を行っています。

 

■関連記事:制作現場に突撃! Googleストリートビュー完成までの道のり【ノモトホームズ様】

5.公開

編集が終わればいよいよ公開です。

ここまで撮影〜公開まではポイント数や時期によって前後しますが1~3週間で行っております。お急ぎの場合は事前にお伝えいただければ、出来る限り早めに対応いたします。

 

■関連記事:完成編! Googleストリートビュー完成までの道のり【ノモトホームズ様】

6.公開後のサポート

公開後にさらにPRをしていきたいというご要望でWebマーケティングやインターネット広告などのご相談をいただくことも多いので、そちらもご不明点ありましたらお気軽にこちらからお問い合わせください。

まとめ:Googleストリートビュー(インドアビュー)で空間の魅力を届けよう

今回は、Googleストリートビュー(インドアビュー)の撮影前〜公開までの流れをご紹介しました。

Googleストリートビューは店舗の魅力や雰囲気を伝える際の有力なツールです。店舗・施設に集客をしていきたいという方におすすめしているので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

弊社では、Googleストリートビュー(インドアビュー)の撮影から編集まで行っています。疑問点などありましたら、こちらからお気軽にご相談ください。

藤田 献児
藤田 献児
代表取締役
株式会社リプロネクスト 代表取締役
1989年生まれ。大学卒業後、プロスポーツ球団や広告代理店などの経験を経て、2016年年末に新潟にUターン、2017年2月に起業。趣味はフットサル・ラクロス・BBQ。社長ブログも更新中。