お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアルを届けるWEBマーケティングの

情報を紹介します

スキル 動画
2019.12.03

注目のビジネスYouTube8選【移動中にサクッと勉強できる】

若年層のYouTube利用率は95%以上と言われる程、動画を見るのが当たり前になりました。

情報収集も新聞→テレビ→ネット記事→動画・SNSと、ここ数年で大きく変化しています。

 

今回は、ビジネスとしてYouTubeが伸びている理由と注目のビジネスYouTubeチェンネルを紹介していきます。

 

ビジネスYouTubeチャンネルが伸びている理由

①人はより便利な方向に流れていく

活字離れを問題視する人もいますが、人は情報収集に限らずに便利な方向に流れていく生き物です。

 

最近でも、「新聞を読まないのはダメだ」という言う人もいると思いますが、きっと昔は「機械で農業をするなんて邪道だ」とか「コミュニケーションは話さないとわからない」とか言われていたと思いますが、今では自動化やLINEなどが当たり前になってきました。

 

この流れを考えると、YouTubeなどの動画で情報発信するのも情報収集するのも当たり前になるのは間違いないと思います。

②スキマ時間で利用できる

また、YouTubeの利用が伸びている一つとしてスキマ時間の活用も上げられます。

これまでは、電車の移動中や待ち合わせをしている時に、「暇」ということがありましたが、今ではいつでもどこでもスマートフォンを見れば勉強もエンタメもコミュニケーションも可能です。

 

コミュニケーションや文字の情報収集は、多くのサービスが混在していますが、動画を見るという選択肢で言うとYouTubeは本当に強いです。

③楽しみながら勉強できる

これはここ1~2年で新たな市場ができたと感じます。

同じことを勉強するにも文字で読むのは、どちらかと言うと本に近い印象がありますが、動画になったことによっておもしろく話してくれたり、話す人の人間性を感じることができたりと、エンタメ要素が加わってきました。

 

同じ「仕事は頑張るべきだ!」と言った場合にも、表示によっては仕事=大変となることもあれば、仕事=楽しいと読み取ることもできます。

 

言葉の背景まで感じることができるのは、動画ならではの情報収集の仕方だと思います。

注目のビジネスYouTubeチャンネル7選

だいぶ、前置きがながくなりましたが、注目のビジネスYouTubeチャンネルを7つを紹介していきます。

1.中田敦彦のYouTube大学

お笑い芸人の「中田敦彦」が、教育系YouTuberとして、歴史上人物や社会の疑問について解説しているチャンネルです。

特徴としては、聞いたことはあるけれど詳しく知らなかったという内容について、わかりやすくおもしろく解決してくれている点です。

 

2018年2月にチャンネル解説をして、現在はチェンネル登録者数が100万人を突破しています。

2.メンタリスト DaiGo

数年前にテレビで話題になった「メンタリストDaiGo」ですが、現在はYouTubeやニコニコ動画などで活躍しています。

YouTube内では、心理学の研究に基づいた日常的・仕事・恋愛についての考え方について解説しています。

特徴としては、自分では情報収集することが難しい海外の論文結果をわかりやすく解説してくれるので、日々の人間関係や考え方について悩んでいる方にはおすすめです。

 

チャンネル登録数174万人(2019年11月)

3.堀江貴文 ホリエモン

元ライブドア社長の「堀江貴文」が、ニュース解説やメルマガの読者からの質問に答えているYouTubeチャンネルです。

物事に対してYES・NOをはっきりと言うので、時には炎上することもありますが、新しい考え方やヒントを得られると思います。

 

チャンネル登録数79万人(2019年11月)

4.鴨頭 嘉人(かもがしら よしひと)

先程紹介した3名とは違って、ご存知ない方も多いと思いますが、チェンネル登録者数が90万人を超えている注目のチャンネルです。

鴨頭さんは、講演家で活動をしていますが、その講演の内容をYouTubeで公開しています。

「講演という商品を見せたら誰も依頼してくれなくなるのでは?」と思う方も多いと思いますが、YouTubeに公開したことにより「この講演家に来てほしい」と感じて依頼してくれる方が増えているようです。

 

動画の特徴は、とにかくアツい気持ちが伝わってくるので、やる気がほしいとか何かに挑戦したいという人におすすめのチャンネルです。

 

チャンネル登録数91万人(2019年11月)

5.戦略チャンネル by 山本敏行

こちらのチャンネルは、スタートアップ・ベンチャー企業におすすめです。

ビジネス用のチャットツール「ChatWork」の創業者が、スタートアップ・起業・会社経営についてわかりやすく解説をしています。

 

起業すると気になる細かい疑問についても短時間で解決しているので、若い方で起業したいという方や会社を軌道に乗せたいという方には学べることが多いチャンネルです。

 

チャンネル登録数4,600人(2019年11月)

6.GLOBIS知見録

こちらは、GLOBIS(グロービス)という、ビジネスマンが学ぶスクール、イベント、出版、投資などを行っている会社が運営しているYouTubeチャンネルです。

 

このチャンネルの特徴は、なんと言っても実際に開催されたセミナーを視聴することができる点です。そのため、動画もイベントと同じ1〜2時間の長さのものが豊富にあります。

有名な経営者の話を聞くことができる機会は中々ありませんが、それをいつでもどこでも無料で視聴することができるのは、本当に驚きです。

経営者やマネージャーの方であれば、より多くの学びがあるのではないでしょうか。

 

チャンネル登録数10.1万人(2019年11月)

7.NewsPicks

経済ニュースを専門家や著名人の解説コメント付きで知ることができるニュースサイトを運営する「NewsPicks」のYouTubeチャンネルです。

 

社会の経済のニュースについて、その理由や疑問などを持ったことはないでしょうか?

その流れを実際に最前線で活躍している経営者や著名人が議論する動画は、きっと考えることが多いと思います。

 

ビジネスマンとしてさらに活躍したい20代、30代におすすめのチャンネルです。

 

チャンネル登録数10.3万人(2019年11月)

8.日本経済新聞

最後は、「日本経済新聞」のYouTubeチャンネルの紹介です。

日々のニュースを紙面だけではなく、動画で収集するという使い方もありますが、注目は記者会見動画です。

 

上場企業の決算発表や不祥事による記者会見など、リアルタイムに気になる情報をYouTubeで中継することもあるので上場企業の動向を知りたい方にはおすすめのチャンネルです。

 

チャンネル登録数4.8万人(2019年11月)

まとめ:誰もが発信側になれる時代へ

注目のビジネスYouTubeチャンネル8選を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

きっと普段から見ている方もいれば、初めて知ったという方もいると思いますが、今回紹介しきれなかったチャンネルも多数あります。

 

何か挑戦している・実現したいことがある方は、これまでだとセミナーや講演会に参加しなければならなかったですが、今では知りたい情報を簡単に手に入れられるようになったので、新しい勉強方法としてYouTubeはおすすめです。

 

また、YouTubeは情報を受信するだけではなく、情報を発信する立場になれるのも特徴です。
伝えたいことがある、このジャンルの動画が少ないなど、感じたら動画で発信する立場になるのはいかがでしょうか。