お問い合わせ

LIPRONEXT BLOG

リアル×WEBマーケティング情報に

関する情報をお届けします

VR・360度
2019.06.23

ビジネス活用のVRコンテンツ5選【YouTube VRで今すぐ見れる】

ビジネスでVRを活用している事例を紹介していきます。
2020年からは5Gが当たり前になり、容量の大きいVRコンテンツの普及も進んでいくことが予測されます。

今回は、ビジネスでVRを活用している注目コンテンツ5選を紹介します。

 

ビジネス活用のVRコンテンツ5選【YouTube VRで今すぐ見れる】

1.採用

ソニーミュージックグループの新卒採用のPRとして活用した事例です。バイきんぐの小峠さんというインパクトもありますが、注目度の高いコンテンツです。
他にも会社内を紹介、若手社員の1日を紹介など、各会社で企画をしているVRコンテンツが増えてきました。

2.住宅

住宅を360度カメラで撮影したコンテンツです。

住宅を360度で紹介すると言うと、「来てくれないのではないか?」と思う方も多いですが、モノと情報が溢れている社会の中で情報を伝えないことがリスクとも言えます。

伝えられる情報を惜しみ無く出すことで、お客様は確認として住宅に見学に来る方の意識が違った来客が見込めます。

3.研修

認知症の体験ができる教材用のVRコンテンツです。

介護職員の方は、認知症のことについても勉強はしていますが、実際にどういう気持ちか?を知ることは難しいです。こういった物理的に難しい体験ができることがVRの魅力です。

4.大学・専門学校

大学のオープンキャンパスを紹介したVRコンテンツです。

高校生で希望の大学・専門学校がある場合は、オープンキャンパスにすぐ参加すると思いますが、まだ進路を考えていない高校1,2年生や一部の有名ではない大学・専門学校にオープンキャンパスに来てもらうことは難しいです。

これから進路を考える高校生に大学・専門学校の魅力を伝えることができるのがVRコンテンツの強みです。

5.VR360度CM

パナソニックがCMとしてPerfumeとコラボしたVRコンテンツです。
このVR360度のCMは2020年頃から伸びていくと予想しています。

通常の動画CMの傾向としては、イメージアップ・ブランド構築として使用することが多いですが、VR360度動画でのCMを活用することで、商品を体験したイメージを消費者に届けることができます。

まとめ

ビジネスでVRを活用している事例としてYouTube VRを紹介しました。

世界規模ではVR360度コンテンツは広がっていますが、日本でのビジネス活用はまだまだこれからという印象があります。

VRコンテンツは、物理的な時間・距離・体験などを超えた体験が可能なので、是非、積極的に活用してみてください。