NEXT BLOG

広告宣伝費を減らす/異業種コラボ

広告宣伝費を減らすには異業種コラボがおすすめ


景気の不安とモノが溢れる時代で日本社会では全体的に消費意欲が落ちており、さらにネット広告の出現により広告宣伝費が増えた割に商品・サービスの売上が伸び悩んでいる企業も多いと思います。

だからと言って広告宣伝費を削減してしまうと売上が下がり事業縮小に向かってしまうので悩みどころです。お客様に情報を届けながらも広告宣伝費を減らす方法をご紹介します。

それはお客様のターゲットが似ている企業とのコラボです。

会社を設立されたご経験がある方だとわかると思いますが、登記が完了した後には様々なDM(ダイレクトメール)が届きます。税理士、労務士、オフィス用品の販売など当社が設立した際にも多くのDMがきました。どれも商品・サービスの広告が書かれている中で1つだけ目に留まるものがありました。

創業を経験した先輩が苦労したことを掲載したパンフレットです。
この苦労話は創業した方であれば読んでみたいと思うものです。

しかも、1枚の紙が入っているわけではなく10ページくらいのパンフレットです。
「DMでここまでお金をかけているのはすごいな」と読んでいると後の方には、
様々なサービスの紹介がされていました。

・税理士紹介
・労務士紹介
・プリンターリース
・WiFiの紹介
・オフィス用品の紹介

「あれっこれは他のDMと似ている。」と思って見てみると内容としては各社が送っているものとほぼ同じですが、

数社がコラボをしてパンフレットを制作しているのでしっかりとしたパンフレットが作れ配送費の削減もできているそうです。

ここまでしっかりとしたパンフレットをつくらなかったとしても
「御社のDM配送費の半分を払うので一緒にチラシを入れてください」
という相談には喜んで乗ってくれる企業は多いはずです。

配送費が半分になれば単純に同じ価格であればDM数を2倍にできますもんね。

他にも地域のフリーペーパーの掲載はお金がかかるから難しいけど、同じエリアの数社でフリーペーパーを発行すればコスト削減にもつながります。社会的には経営統合が進む中で大手企業は益々広告宣伝費を増やしシェアを伸ばそうとしてきます。

同じ土俵で戦うのではなく、異業種とコラボして広告宣伝費を減らしながらも販売促進は行なえます

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る