ブログ

スタバは店内全てがブランディング


スタバが行うブランディング

ロゴ、イメージカラーの魅せ方

スタバのロゴやイメージカラーを聞いたら多くの方が答えられると思います。
ロゴを覚えてもらえるために店舗の看板はもちろんのこと、コップやレシートなど好感を持ってもらえるようにしています。ロゴがかっこ良いかどうかも重要ではありますが、想いのあるロゴであればどう伝えて行くかが大切です。Appleのりんごのロゴは知らない人が見ると少しかけたりんごですが、ブランドとして認知があるのでカッコよく見えてしまいますからね。

香り
スタバの店内に入るとコーヒーの香りすっと入ってきます。コーヒー好きの人にはたまらない香りです。

この香りはハンバーガーショップなどでは出せません。コーヒーを販売していれば必ずコーヒーの香りは出ますが、ハンバーガーを店内で作っている場合にはにおいが混ざってしまうため香りでも他店との差別化ができています。色々な食べ物を店内で作るという選択肢もあったと思いますが、コーヒーに特化したことで出せる強みです。 

音楽
香りと同じくスタバに入ると音楽に好感を持つ方も多いと思います。基本的に洋楽を流しており、リラックスできる選曲になっています。また、音量も曲は聞こえますが隣の人との会話を邪魔しない丁度良いボリュームに調整しています。邪魔をしないし何の曲が流れているか覚えている人はほとんどいないと思いますが心地よい空間にするためには大切です。


これはコーヒー専門店であればどこでもこだわっているものですが、スタバの場合はお客様にいつでも淹れたてコーヒーを飲んでいただくためにコーヒーは1時間ごとに捨てているそうです。これはもしかするとコーヒー専門店で行っているところもあるかもしれませんが、ブランドを確率されている目安としてはこういった良い噂が世間でいくつか話題になることです。

綺麗さ
スタバの店内はとても綺麗です。お店に行って汚いと感じたことがある人はいないのではないでしょうか?良い香りがありリラックスできる音楽が流れていても店内が汚かったらお店に行きたくないと思うはずです。

例えで出して申し訳ないですが、安くコーヒーが飲めるお店では座ろうと思ったテーブルが汚れていた、トイレが汚い、と感じることが多々あります。店内が汚い、食事が美味しくない場合にはいくら安くても来てもらうことができません。当たり前のことですが徹底するのは難しいです。

見た目
カフェラテなどを頼むと必ずラテアートを書いてくれます。しかし、ラテアートを書くことでこのお店に来てよかったとすぐに感じていただけるものではありませんが大切にしています。また、スタバでアルバイトを始めたばかりの人だとラテアートを書くことは難しいと思いますが、それでもブランドの一つとして徹底して研修がされています。ドリンクを出すのが仕事ではなくコーヒーを通して心地よい空間を創ることが仕事だと徹底されています。

接客
常に笑顔で気遣いのできる接客。これは理想に聞こえますがスタバのスタッフはできています。さらに上記で紹介した店内の掃除やラテアートもアルバイトができているのには驚きです。スタバではアルバイトを採用したら70時間の研修があり、スタバの考え方、掃除の仕方から業務全般までマニュアルとして体現できるまで行っているようです。 

 

ここまで読んでいただいた方で気づいている方もいるかもしれませんが、これは人の五感(視・聴・嗅(きゅう)・味・触)全てにスタバのブランドを訴えています。

 

一つ一つのことについては他店でも真似をすればできることです。。
音楽をクラシックにしてみる、掃除のマニュアルをつくる、ラテアートをスタッフ全員ができるようにする。

しかし、他店では絶対に真似できないものがあります。
それはミッションです。 

スタバのミッションはこちらです。 

OUR MISSION

人々の心を豊かで活力あるものにするためにひとりのお客様、一杯のコーヒー、そしてひとつのコミュニティから

 

OUR VALUES

  私たちは、パートナー、コーヒー、お客様を中心とし、Valuesを日々体現します。

  お互いに心から認め合い、誰もが自分の居場所と感じられるような文化をつくります。

勇気をもって行動し、現状に満足せず、新しい方法を追い求めます。スターバックスと私たちの成長のために。

誠実に向き合い、威厳と尊敬をもって心を通わせる、その瞬間を大切にします。

一人ひとりが全力を尽くし、最後まで結果に責任を持ちます。

 

私たちは、人間らしさを大切にしながら、成長し続けます。

引用:スターバックスサイト 

 

この考えに基づいて店作り、行動、接客をしているのです。 ブランディングを進めていくには一つ信念を決め、その考えを基に事業を進めていく。

何をするにも強い想いが一番大切だということがすごく勉強になりますね。

 

ページ:
1

2

関連記事

ページ上部へ戻る