ブログ

スタバは店内全てがブランディング

ブランディングできているお店と聞いてスターバックスコーヒーを想像する方は多いと思います。
なぜスタバはブランディングができているのでしょうか?良く利用している私の考えを紹介していきます。

【スターバックスコーヒーは広告にお金をかけない】

スタバの広告といえば何が思いつくでしょうか?テレビCMは見たことがないし、新聞折込もチラシも見たことがありません。それはほとんど広告費をかけていないからです。

ほとんどとしたのは広告を出してはいませんが、ブランドをお客様に伝えるための努力はしているからです。

ちなみにスタバのコーヒーはMサイズで消費税を入れて302円(2017年2月時点)です。
コンビニコーヒーやマクドナルドでコーヒーを飲もうと思えば100円ですし、同じカフェのドトールでは220円です。

それでもスタバはお客様から選んでいただけています。

それはスタバのブランドがお客様から心理的価値を感じていただけているからです。

機能的価値と心理的価値(情緒的価値)についてはこちらから

機能的価値だけで考えたら、コーヒーが飲みたいと思えばコンビニに行けば100円ですし、本を読む場所をさがしていればドトールに行けば220円で済みますし、図書館であれば無料です。心理的価値で考えるとスタバはおしゃれで居心地が良い、リラックスできる。と目に見えないものをお客様は感じています。

スタバに行くと心理的価値を感じることができる理由を一つ一つまとめていきます。

ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る