ブログ

インデペンデンツクラブで事業計画をプレゼンしてきました

先週の金曜日(2018年6月8日)に新潟インデペンデンツで事業計画をお話させていただきました。


当日のスケジュール

当日は、約50名の方が参加されてとても盛り上がったイベントでした。
ケジュール最初に今回のイベントをご紹介いただいた、新潟大学 伊藤先生のゼミ内容や新潟大学の学生の中で想いを伝える・起業を目指している方のプレゼン、その後に第314回事業計画発表会として「株式会社ごはん」と当社のプレゼンを行い、最後が起業家スピーチとして「ゆるりアドバイザリーサービス合同会社」古沢氏のスピーチがありました。

新潟大学伊藤ゼミセッション

学生3名がプレゼンは3名とも学生ならではの視点を感じることができ、とてもおもしろかったです。
社会人になるとビジネスモデルを「お金になるか?」とついつい先に考えてしまい、本来の「社会に対しての課題」や「やりたい想い」が後回しになってしまうことがありますが、今回の3名の学生については、まず「身近に不満はないか?」「自分はどういうことがやりたいか?」ということを先に考えてからまず行動をして、その後にビジネスとして続けていく方法を考えるという視点で動いていました。

私も思いついたアイデアに対して過去の経験から「これは難しいかもしれない」と思い行動をやめてしまったということがあるので、行動力という部分を見習わないと行けないと実感いたしました。

事業計画発表会

当社の前にお話された「株式会社ごはん」は有機栽培のお米を生産加工されている会社ですが、新潟県内だけの話ではなく全国・海外と販路拡大をされているお話を伺うことができ、大変勉強になりました。お米という商品だけでも作り方・販売場所・販売方法によって伸ばす姿は、商品は違いますが当社も独自の特徴を出すことについて考えるきっかけになりました。

リプロネクスト事業計画発表

プレゼン時間が20分、質問時間が20分の合計40分の事業計画発表は初めてだったため、とても緊張しましたが、当社の事業内容/創業の経緯/売上計画/今後の動きについてお話させて頂きました。イベントには学生やベンチャー企業の方も多くいらっしゃったので、少しでも参考になればと思い、新潟にUターンをして会社を設立してからの約1年5ヶ月程のリアルな部分をお話しました。参考になる部分があったら大変嬉しいなと思っていましたが、プレゼン後の20分間の質問でも数名の方に質問を頂くことができ安心しました。


プレゼンでお話したような今後の目標まではまだまだ道のりはありますが、有言実行できるように日々取り組んでいきます。


新潟インデペンデンツクラブについては「にいがた経済新聞WEB版」でも取り上げていただきました。

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る