ブログ

新潟も東京オリンピックに向けて動き出している

先日「What’s開港?Vol.2」フォーラムに参加してきました。

福岡クリスマスマーケットの話や知事や市長の今後の新潟についての話などがありましたが、その中で東京オリンピックについての新潟の取り組みの話を紹介したいと思います。

 東京オリンピックと聞くと新潟には直接的な関係がなさそうですが、実際には2020年の時には新潟も外国人観光客をターゲットとすることができます。

東京オリンピックは東京だけの開催ではなく埼玉県や神奈川県などいくつかの会場で実施する予定です。

開催地としては新潟で実施する可能性はないですが観光客の宿泊としては機能する予定です。
特に埼玉県のさいたまスーパーアリーナではオリンピックで人気のあるサッカーやバスケの開催がありますが、
それを観に来る観光客の宿泊場所が足りていません。そこで新潟は新幹線沿いということもあり観光客の宿泊地としての活用を具体的に提案しているそうです。

実際に泊まるのは越後湯沢や長岡かもしれませんが、そのまま観光地としてアピールすることができれば新潟駅まで観光客が来てくれる可能性もあります。

まだ、外国人観光客が来た時の対応を考えていないお店は早い段階で準備をしていくことがおすすめです。

約3年後ですが東京オリンピックに行くと決めている人は事前に日本のことを色々と調べてきますので、お店を英語で紹介する、Instagramで商品紹介、写真や動画のアップなどできることは色々あります。 

 

関連記事

ページ上部へ戻る