ブログ

Googleストリートビューをホームページに埋め込む方法

Googleストリートビュー(インドアビュー)でせっかく施設内を紹介したから活用したいという方も多いと思います。
先日、お打ち合わせをした旅館の方からは「インドアビューの撮影をしてもらったのは良いけどその後の使い方をうやむやにされてしまったのでほったらかしになっているので教えてほしい」というご相談をいただきました。

詳しくお話を伺うと東京にある会社が電話をして撮影は新潟にいるフリーのカメラマンに依頼して行うという方法だったのでカメラマンは詳しく知らずに撮影が終わったらサポートが何もなかったとか…


そんなGoogleストリートビュー(インドアビュー)で撮影はしたけど使い方がわからないという方にホームページへの埋め込み方法を紹介したいと思います。専門知識がなくても簡単にできるので心配しないでくださいね。

Googleストリートビューホームページへの埋め込み方法

今回はこちらの「コンバインドカフェ五徳屋十兵衛」さんにご協力いただきます。


まず、Googleマップから埋め込みたい施設・店名を検索します。


店名を検索すると左側に営業時間などの情報が表示されます。
※左側に情報が表示されていない方はGoogleに施設・お店が認識されていない可能性があります。Googleマイビジネス(無料サービス)で登録できるのでご相談ください。

 

下の部分を見ると写真が表示されていると思うのでそちらへ進みます。

360度の写真を選択してお好きな向きに合わせて施設・店名の横にある「︙」へ進みます。ちなみにこちらの店舗では調味料などを販売しているためそこを表示しようと思いこの角度にしてみました。

「リンクを共有」と「画像の埋め込み」が表示されるので、今回はホームページへの埋め込みのため「画像の埋め込み」へ進みます。

左側で埋め込みサイズを選ぶことができるのでどのように表示されるか選択をして赤枠のタグをコピーします。

タグをホームページに貼り付けを行うと無事完了です。


ホテルや旅館でホームページ内で他の部分も見せたい場合には再度Googleマップ上で好きな向きに合わせた状態で埋め込みを行えば1回の撮影で色々な部分を紹介できるのでおすすめです。

ホームページに埋め込むメリット


Googleストリートビューだと1回のクリックで数メートルしか進まないため、大きなや複雑な施設だと見たい部分にたどり着けないなんてこともあるのでホームページへの掲載はとても大切です。例えば車椅子の方も安心してくださいとバリアフリー部分を紹介したり、お子様連れでもゆったりと楽しめますとキッズルームを紹介するなどはより効果が期待できます。


ちなみに「画像の埋め込み」ではなく「リンクを共有」した場合にはホームページ上には埋め込みを行なわずにGoogleマップへ直接進んでいただくようになります。(下記の青字のイメージです。)
コチラからお部屋をご覧になれます。

 

紙媒体へも活用


ホームページへの掲載以外にもSNSで共有することや名刺にQRコードをつけてすぐに施設を紹介することもできますので店舗にいなくても営業ツールとして活用することができます。

せっかく費用をかけてGoogleストリートビュー(インドアビュー)の撮影をされたのであれば、それを最大限活かしたいものですね。
当社として意識していることはGoogleストリートビュー(インドアビュー)を撮影することが仕事ではなく、あくまでGoogleストリートビュー(インドアビュー)はツールとして集客や売上アップにつなげることができるように意識してご案内を行ってまいります。

 

まだ導入するかわからないけど興味があるという方も質問受付けておりますのでお気軽にご相談ください。まずは資料だけ、お見積りだけという方も対応できます。

 

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。
お気軽にご登録ください。メッセージをもらえると返信もあるかも!?

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る