NEXT BLOG

公道のGoogleストリートビュー画像追加が当社で出来るようになりました

Googleストリートビュー(室内版)/インドアビューについて導入頂いているお客様が増えてきておりますが、今回当社で対応したのは公道のGoogleストリートビュー画像のの追加です。

前々からご相談は何件かいただいておりましたが、やっと機材や技術的な面をそろえて対応できるようにいたしました。

対応できること

Googleは新たなプログラム “Street View ready” を開始し、対応ハードウェアを所持している人であればGoogleストリートビュー画像を更新できるようになりました。当社でも対応ハードウェア「insta 360 pro」などの専用機材を揃えておりますので撮影が可能です。

どういったニーズに対応できるのか?

【住宅・不動産会社】
分譲地や新しい施設をオープンした場合に、古い地図のままだと見込み客が住所で調べた時に前の建物が建っている状態だと情報が伝えづらいです。そこで、新しくGoogleストリートビュー画像を追加することで、ホームページへの掲載やQRコードを発行して紙媒体でのPRも行うことが可能です。

新潟県内だと最近オープンしたある展示場が、Googleストリートビューで見てみると住宅がない古い地図の状態になってしまっています。

【新しい施設のオープン】
新しい商業施設/クリニック/お店などがオープンした時にもやはり地図情報では見ることができないため、ご相談を受けることがあります。施設をオープンする際に広くPRを行うと思うので、そのタイミングGoogleストリートビューの更新されるのがおすすめです。

【工事現場での対応】
工事を終了したにもかかわらず、Googleストリートビューでは工事前のパノラマ写真が掲載されている場合がありますので、工事完了と同時に更新することができ、会社の実績としてホームページにも埋め込むことができます。
【ゴルフ場などの広い施設】
ゴルフ場やキャンプ場など広い施設を撮影する場合に、歩きながらの撮影だと時間がかかります。その場合に車に専用カメラを乗せて撮影ができることで、広い施設の撮影も短時間・低価格で対応できます。

撮影は車が入ればOK

撮影方法はGoogle車と同じようなイメージで行います。そのため、道路や車が入ることができるスペースであれば、撮影は問題ありません。※車が入ることができるスペースでも車両禁止の場合は撮影できません。

 

もちろん、Googleストリートビュー(室内版)やGoogleマイビジネスの対応も行っているので、「こんなことできるのかな?」というご相談がありましたら、是非お気軽にお尋ねください。

 

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る