ブログ

デザインの価値はどう判断するのか?

印刷会社やホームページ制作会社にデザインの依頼をした際に
「両面で5万円です。1ページ7万円です。」
と言われて高いなと思ったことがあると思います。


この高い、低いというのは何かを基準にしていますが、
デザインの価値ってどう考えれば良いのでしょうか?


A4チラシ両面で2万円は安いけど7万円は高いという基準。

そしてデザイン完成後に「7万円払っているのにこのデザインはない」
という会話も普段からしていると思いますが良いデザインというのは人それぞれの価値観によるものです。

 

例えば、アップルのりんごがかじられたロゴは多くの方がかっこ良いと言いますが、
アップルのことを知らない人が始めてロゴを見た時にかっこ良いと言うでしょうか?
そしてデザインがりんごだと思うとこのロゴは誰でも書こうと思えばかけますし、
時間もそこまでかからないはずです。それでもこれだけ知名度とブランドが構築された
ロゴになればデザインをした価値は想像できないくらい高くなります。

 


この難しいデザイン価値についていくつか基準となりそうなものを紹介します。

会社のイメージと合ったデザインか?

これはデザインを値段だけで判断するとよく陥ってしまうものです。
お客様はホームページやチラシから情報を取得して来店や購入をします。
極端な話をすると商品は高価なものにもかかわらず、デザインはとにかく
安くと考えて
スーパーのチラシのように1色でデザインをしたとします。

チラシをとにかく安くして商品の価格を落として勝負するというコンセプトであれば良いですが、

他に商品価格が安い会社が現れるとお客様はそちらに流れてしまうはずです。
通常であれば
高い買い物をするならお客様も慎重に検討したいので、
会社や商品とイメージがあったデザインは重要です。

誰に向けたデザインか?

「デザインとしては悪くないけどもっとかっこよくしたいんだよなぁ」
男性の管理職の方でよくこうお話をされる方はいると思いますが、
当社としてはいつも事前に確認していることがあります。

「このチラシを見るのはどんな方になるでしょうか?」

お子さんが幼稚園・保育園に通っている女性に見てもらうデザインにも
関わらず、年齢が上の男性がデザインについてかっこ良いものを
つくろうとするとそこにギャップが生まれます。

かっこ良いやかわいいには人それぞれの感覚があります。

その感覚のギャップを0にすることは難しいですが、
女性が見るものなら女性が作ったほうが感覚のギャップを
できる限りなくすことにつながります。

お客様に次にどんな行動をしてほしいか?

A4チラシを作って直接営業スタッフが説明する資料として使いたいのか。
ポスティングとして入れてつかうのか。
店内でラックに設置しておくのか?
パソコンでみるのか?スマホで見るのか?

このお客様にどこで見て頂くかによってもデザインは変更するべきですし、
次にどんな行動をとっていただきたいかまで考えて制作を進めていくことをおすすめします。

直接説明ができるものであれば、キャッチコピー程度で難しい説明は
出来る限り省くことが必要です。

しかし、このチラシを見てイベントに申込んでほしいのであれば
申込までの誘導が必要なので、裏面にFAXで申込めるようにするのか。
もしくはQRコードを掲載して申込みにするのかを考えないといけません。

どういう人にどんな状況で見てもらって次にどんな行動をしてほしいのか?
は必ず考えるべきものです。

 

可能であればデザインで売上が変わるのかをABテストできていることが理想ですが、
どうすれば良いかわからない場合にはただデザインを作るだけでなく
お客様の売上・集客アップにつながる提案をしてくれる会社に依頼をすることをおすすめします。

 

また、あまりおすすめはしませんがとりあえずチラシやホームページが
あれば良い場合にはネットで探せばいくらでも無料テンプレートが出てきますので、
中途半端に安い金額が希望であればそっちをつかっても良いと思います。

リプロネクスト公式|LINE@

リプロネクストの最新情報を配信しています。

友だち追加

関連記事

ページ上部へ戻る